2006年02月17日

第9節第2日 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 第9節第2日の選手コメントです。
−Voice 阪南大学・尾花和人(FW・主将)
8節で優勝が決まって、気持ちに緩みがなかったといえば嘘になる。最後まで
自分にきっちり勝たなあかんとみんなには言い聞かせていたが、どこかに
緩んでいるところがあった。負けたら「優勝して気が抜けてる」といわれるし、
結果がすべてだからきっちり勝ってリーグを締めくくりたかった。
(梁)勇基のシュートが入って、「行ける」と思った。でも、次の1点が
取れなかった。いいところまではもっていけたが、最後に決め切れなかった。
関西のリーグでは、なんだかんだ言っても「勝てるやろう」という気持ちが
どこかにあるが、全国大会は雰囲気も違うし、そこでいい結果を出したい。
やりたいサッカーを4回生がすることができれば、必ず勝てる。夏に駒澤に
勝てなかったので、今度は決勝で駒澤のサッカーに勝ちます。

−Voice 甲南大学・松下進也(DF・主将)
同志社に6節で負けてしまい、連戦で立て直す時間をもてずに、みんなに
自信がなくなって、大敗が続いて順位を下げてしまった。今日はもう後が
ないし、開き直ってプレーしました。気持ちで阪南に隙はあると思っていた。
水曜にヴィッセルといい内容で練習試合ができて、そこで藤川さん(V神戸
コーチ)に、「学生同士だから、絶対勝てる。耐えることが大事だし、
チャンスはある」と言われて、自信になった。
春に2部でも逆転で勝てなかったのに、最後の最後にこういう結果を残せた。
こんな辛さは2部だったら味わえなかったが、1部にいるからこそ経験できた。
桂先生(海外研修中)がいないから、落ちたと言われたくなかったし、試合に
出ている僕らだけでなく、周りのみんなが支えてくれたから、結果を残せたと
思います。

−Voice 桃山学院大学・山本直樹(DF・主将)
先週の阪南戦と似たような展開になってしまった。リードしたことで、
みんなの中にちょっとした心の余裕ができてしまい、そこをつかれている。
そうは考えないでいこうとは言っていたけれど、どこかにその気持ちが
あったんだろう。失点した時、まだ勝ってる状態にもかかわらず、焦りすぎて
しまって、守りに入ってしまった。次の1点を取りにいければよかったが、
引いてしまった。春は前からボールにいけていたが、秋はそれがうまく
いかなくなり、春にはできていたサッカーがやれていなかった。
結果として、こんな順位になってしまったし、チャレンジャーの気持ちで
入れ替え戦は戦う。絶対に勝って残留を決めます。

−Voice 立命館大学・畑 允人(MF・主将)
一人少なくなってしまったが、ここまできたら勝たなダメやし、みんなで
やりなおそうという気持ちで後半は望んだ。攻撃でリスクを背負わないと
いけないが、中途半端ではなく、守備と攻撃のメリハリをつけようというのが
できたと思う。個人個人がそれを意識してやれたし、気持ち的な面が点に
つながった。1点めは、関と佐々木の個人技だけど、早い段階で1点差に
追いつけたことは大きかった。2点めは4回生の(藤田)淳平が運動量で
頑張って取ってくれた。DFは課題なので、修正してインカレでいい状態に
持っていきたい。目標は日本一です。


posted by yasuyo KANIE at 01:25| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。