2006年02月17日

1−2部入替戦第2戦 選手コメント

2003年度関西学生サッカーリーグ 1−2部入替戦第2戦の選手コメントです。
−Voice 大阪学院大学・楠 洋平(FW・ゲームキャプテン)
簡単に失点してしまい、取れるところで得点できずに、苦しい試合にして
しまった。ウラに走られていたらつなげられて、相手のペースになっていた。
試合に出ている4回生が少ないので、勢いのあるときはいいけれど、そうで
ないときには辛い。試合の中でいいプレーもしたいのだが、入れ替え戦という
リスクを考えてそれが出にくくなっていたと思う。ギリギリだけれど残留
できたことで、去年よりもちょっとは進歩したんじゃないか。DFが安定して
失点が少なくなったし、勝ちにいけた試合を落とさずに取れたことが
大きかった。
うちのチームは子供なところがあるから、一人一人もっと大人になって意識を
高く持って欲しい。個人のテクニックでは、上位のチームには劣らない。
全員がもっと自分がやるという意識で目標を高く持って、上を目指せる
チームを作っていって欲しい。

−Voice 大阪教育大学・宮浦豊英(FW・主将)
試合の中で自分たちがやろうとしたことはできていたと思う。ペースを
つかんだけれど、要所で相手は一人一人が上手かった。いい流れを作れて
いたが、最後の詰めがあまく、得点にならなかった。向こうは10番に
集めてくるのは判っていたので、左には守備力のある選手をいれて、
しっかり止めることを意識した。1対1の時はヘルプして、二人で連携して
ボールを取ろうと決めていた。落ち着いて対応できていたし、決定的には
崩されてなかった。
今の4回生が上になったとき、下級生に「ついてきてくれ」と話して、
必死にやったし、自分たちに厳しく行動で示そうとしたことに、下はついて
きてくれた。サッカーが本当に楽しかった1年だった。僕らのチームは
一人一人が上手いわけではないので、1学年上の先輩から引き継いで、
チームとして戦えるようにやってきた。後輩には、今のやり方そのままでは
なく、3回生の色を出して欲しい。頑張る姿に必ず下はついてきて
くれるはず。

−Voice 桃山学院大学・山本直樹(DF・主将)
前の試合では2−0で勝っているけれど、リーグの立命戦では2点差を
追いつかれているので、リードは関係なく、今日の試合を勝ちに行った。
この入替の2試合で、チームとしてはいい方向に向いているし、落ちていた
部分が戻ってきたと思う。入れ替え戦であることは、特に意識せずに、
やってきたことを出し切ろうと話してきた。得点した後の集中や、セット
プレーでの切り替えの部分できっちりやれた。この後の天皇杯では、ひとつ
でも多く勝ってプロのチームとたくさん試合をやりたい。いい経験に
なるし、自分たちの力を出して頑張りたい。


posted by yasuyo KANIE at 01:27| 2003年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。