2006年02月19日

第1節 選手コメント

第14回関西学生サッカー春季リーグ 第1節の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・岡野克之(FW)
亀ヶ渕も(小松)塁も能力が高いので、2人を生かす動きを心がけている。
前は(橋本)卓を含めた4人で自由にやっていいと言われているが、今日は
上手くバランスも取れていた。3トップで攻撃の枚数が多くなり、シュート
までいけるチャンスも増えたし、攻撃の意思統一が出来ていたと思う。
3トップだとFWの運動量が多くなるから、そのしんどい時間帯に押し
込まれる場面もあったけど、そういった悪い流れの時に、いかにバランスよく
やれるかという点が課題です。今日はみんな勝ったことで喜んでいるし、
嬉しいけど、まだまだ修正しなくてはいけない点も多いので、次の試合には
また気持ちを引き締めなおして臨みます。

−Voice 近畿大学・江本 竜(MF・ゲームキャプテン)
試合に中で後手に回ることが多く、防げるところで点を許してしまったことが
きつかった。決定的な場面を作れるまでが、なかなか上手くいかなかったし、
焦りも出てしまった。攻守の切り替えが遅かったことで、チャンスも少なく、
FWにボールが入ったときのサポートもないので、攻撃に厚みを出せなかった。
まだリーグは始まったばかりなので、切り替えて次はきっちりやらないと。
僕らのチームは気持ちが足りないって言うか、精神的に弱い部分があるので、
しっかりまとまって来週までにチームを盛り上げて行きたい。

−Voice 大阪体育大学・前田和哉(DF・主将)
リードは1点だけだし、相手が攻撃的に来るのはわかっていたので、それを
防ぐことの出来ない自分たちのレベルが低いのだと思う。ああいう展開で
いかにはじき返せるか、DFがしっかり対応できるかが課題です。失点の
場面はGKが出たけれどスリップしてしまい、DFはGKに任せた感じに
なって、抜かれてしまった。アンラッキーが重なった感じもありました。
初戦だし、向こうも走りこんできていたから、ぶつかり合いになってしまって、
崩す形が作れなかった。もうちょっとFWでためて、2列目からの
飛び出しを多くしていきたい。

−Voice 桃山学院大学・江添建次郎(DF・主将)
全体にもったいない試合だった。若い選手が多いから、特に前半は逃げる
プレーが多く、攻めているのに最後までやり切れてなかった。後半になって
やっとセンタリングまで行けるようになったし、詰めきれたからゴールに
つながった。俺らはDFで信じて守るしかないから、本当によく決めて
くれたと思う。まだまだ練習中、甘い面もあるけれど、リーグに出場した
ことで、下級生たちもモチベーションが上がってくるだろうし、韓国遠征では
しっかりやれてたから、もっと自信を持ってプレーして欲しい。
まだまだリーグは始まったばかり。危機感をもってやっていきたい。


posted by yasuyo KANIE at 10:53| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。