2006年02月19日

第2節 選手コメント

第14回関西学生サッカー春季リーグ 第2節の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・西 望実(MF)
今日はチーム全員で頑張ることが出来たと思う。まだチームが乗り切れて
いないところはあるけれど、勝ちきれていることは評価できる。リーグ全体と
しても、一つ一つの試合でも僕らのチームは出だしが悪い。調子が出て
くるのはいつも後半で、今日のゲームも前半はふわっとした感じになって
しまった。入り方が良くないので、そこを直して隙を見せないようにしないと、
強いチームとあたった時に厳しくなる。その部分を修正して、明日もチームと
して結果を出せるようにしたい。

−Voice 大阪産業大学・倉田 尚(DF・主将)
これまで2試合、早い時間に点を取られて前のめりになってしまい、その
ウラをまたつかれて失点するという悪循環になっている。今日も集中して
いたら1点めは防げたし、相手が10人になったすぐ後に、ミスから取られた
ことがもったいなかった。向こうも慌てている時間はあるのだけど、そこで
自分たちは得点できてない。それでも今日、1点取れたことは、明日に
つながると思う。ネガティブにならず、くよくよせずに切り替えていきたい。
明日こそ勝ち点を取れるように、勝負をかけていきます。

−Voice 関西学院大学・小松 塁(FW)
得点は練習していたとおりの形です。ずっとマンマークにつかれていたけど、
僕とマーカーとの間に人が入ってきたことで、ニアでフリーになれたところに、
いいボールが入ってきました。前半は監督からも注意があったけど、足元に
入れすぎて人に狙いすぎていたし、両サイドのスペースでもらえていなくて、
自分たちのペースではなかった。後半、キープ力がある(岡野)カツさんが
ウラに流れたことで、基点になってつなげたり、センタリングが上がるように
なり、攻撃で深いところまで行けた。この春はスタメンで長い時間使って
もらえていて、巡ってくるチャンスも多くなっているのだから、そこで確実に
決めていけるようにしたい。

−Voice 甲南大学・早野悠一(MF・主将)
前半はうちのペースだったし、はじめに1点取れなかったことが悔やまれます。
最後の最後の決定力やシュートの精度がまだ甘いところがあると感じた。
関学のFWは強力なので、一つ目では競り負けても、セカンドボールを
しっかり全員で対応していこうと徹底し、やりとおすことが出来ていた。
連敗したが、先週のように点を取られたことでチームが浮き足立つことは
なくなっていたし、今日、上背のあるFWと対戦した経験は、明日の体大戦で
また生かせると思う。1つ勝ち点を取れたら、チームも少し余裕を持って
試合に臨める。そのためにはいい形で先制点を取ることが大切だと思う。


posted by yasuyo KANIE at 11:00| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。