2006年02月19日

第3節 選手コメント

第14回関西学生サッカー春季リーグ 第3節の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・小松 塁(FW)
チームもこれまでいい状況だし、追いつけたことでいける気はしました。
前半はFWの頭を狙ったパスばかりで、足元にボールが入らず、攻撃が
パターン化していてバリエーションもなかった。立命館にはサイドで
変えられることが多く、そのボールを狙っていてもなかなか取れずに苦しい
展開だった。
1点めは岡野さんがタッチしてくれたボールを受け、フリーになって前を
向いたらいけると思った。自分の好きな形で決めることができたので、嬉しい。
チームが勝てば誰が点を取ってもいいけど、FWなので自分がもっと取って
いけたらと思う。

−Voice 立命館大学・水谷 敦(DF・主将)
守り方自体はしっかりしていたけど、向こうとの集中力の差が表れたのが
この結果になった。1−0になったので勝てると思ってしまい、手数を
かけずに攻めてしまい、攻め残りが出来てしまったことで、相手も守れて
いたし、逆に自陣で展開されることになってしまった。攻めているときも
常にDFはバランスを取っていたのだけど、1つめのコンタクトで少し
引きすぎていたと思う。
次節は六井が出場停止になるが、どの選手も力はあるので大丈夫。次の体大は、
関学以上に上背のある選手が多いし、今日の課題をしっかりやり直して
いきたい。

−Voice 関西大学・生田隆司(MF・主将)
リーグが始まって勝ちがなかったが、残り7つを勝ったら優勝できるし、
そのためにも絶対落とせない試合だった。(前田)マサがよくがんばって
取ってくれた。いい選手はいるけれど、これまでファウルが多くて流れが
作れずに、自分たちで苛ついてしまっていた。今日は(宮津)広記が出場停止
だったので、僕がボランチに入り、なるべくボールをさばいてしっかり中盤を
作ることを心がけた。ツートップにしたことで、FWも上手く機能するように
なったと思う。スタートダッシュが遅れたけど、リーグ3分の1をイーブンで
乗り切れたので、この後、優勝に向かってしっかり臨みたい。

−Voice 近畿大学・石橋清一(MF)
得点が流れからではなく、セットプレーからだったし、点を取ったことで
逆に守りの意識が強くなってしまった。攻めようという気持ちはあったけど、
勝ち点3が欲しかったから、守りに入った感じになった。時間帯も早かったし、
相手も焦っていなかったのに、自分たちで舞い上がっていた。追いつかれて
まだ同点なのに、負けてるような雰囲気になって、それを切り替えることが
出来ず、さらに失点を招くことになった。3・4年生がもっと中心になって
チームを引っ張っていかないと、このままでは苦しい。とりあえずは
1勝したら、チームものっていけるようになると思う。


posted by yasuyo KANIE at 11:01| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。