2006年02月19日

第4節 選手コメント

第14回関西学生サッカー春季リーグ 第4節の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・橋本 卓(MF)
相手DFのクリアミスからだったし、あの得点はラッキーだった。風が
あったので、プレッシャーをかけていったら向こうもミスるかなと思って、
狙ったら上手く決まった。前半、風上でリズムを作れたので、グラウンド
コンディションの悪さもあまり気にならなかった。ここまで4試合、
いい時間帯に点が取れてることが大きい。攻撃がシュートで終われている
ことが多くなった。前線に長身の選手がいるので、押されていて詰まった
ときも、とりあえず狙える形があるのは楽ですね。今のシステムは、前から
ボールに行かないと機能しないので、どんどん高い位置でボールを取って、
積極的に攻撃を仕掛けていきたい。

−Voice 大阪産業大学・倉田 尚(DF・主将)
前半は引いて守る作戦で、0−0で折り返すつもりだった。関学のFWの
パワープレーをケアしようということで、あえて風下を選択した。ゴール前で
ミスが出て、早い時間に先制されてしまった。崩されるのは分かっていたから、
引いて守ろうとしたが、DFの対応でミスが出た。1部リーグのチームは、
そういうミスを逃さないけど、自分たちは相手のミスをつけていない。手も
足も出なかったわけではないし、チームとして良くはなってきている。
スタンドからみんなも応援してくれているから、残留できるように結果を
出したい。

−Voice 関西大学・小谷尚也(DF・ゲームキャプテン)
モノに出来てはいなかったけれどチャンスは作れていたし、続けていれば逆転
出来ると思った。すぐに取り返せたのは大きかった。グラウンドが良く
なかったので思うようにいかない部分もあって、いらないファウルから退場を
出してしまったりと、課題も残った。経験の無さを露呈しているというか、
バタバタして遅れてプレーしてファウルになっている。
日本一になることが最終的な僕らの目標なので、今、そのプロセスの中で
いろいろな選手がリーグに出場できていることや、苦しい状況を経験している
ことは無駄ではないと思う。春リーグ優勝を狙うためにチームの意思統一は
できている。

−Voice 甲南大学・松岡孝浩(MF)
前を向いたとき、関大がDFラインを上げていたので、FWが突っ立った
状態でオフサイドに引っかかなければ上手くいくだろうと思ってパスを
出したが、あんなにきれいに得点になるとは思っていませんでした。得点した
直後、しかも前半終了間際に取られて、チーム全体の気持ちが下がって
しまった。切り替えたと言ってもそれをどこかで引きずっていて、2点めを
取られることになった。先制しても、結局はゲームの中で後手に回っている。
チャンスに決めきれない決定力の無さが課題です。次の阪南には秋リーグでは
勝っているが、挑戦者として勝ち点を取れるようにがむしゃらにプレーして
いこうと思う。


posted by yasuyo KANIE at 11:02| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。