2006年02月19日

第5節 選手コメント

第14回関西学生サッカー春季リーグ 第5節の選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・前田和哉(DF・主将)
負けずに追いつけてよかった。1失点めは崩されて入れられてしまい、DFの
対応をしっかりしていかなくてはと思った。前節では楔に当てたボールを
取れていたが、今日はセカンドボールを上手くつなげず、リズムをつかむ
ことができてなかった。まだリーグ戦で自分たちのリズムを100%出せて
いない。決めるところで決められないからいいリズムで攻撃ができないし、
逆にリズムがなくても、得点さえ決まれば気持ちがのれるのに、そういう
試合ができない。勝てる相手に引き分けているし、もっと勝負にこだわって
いきたい。次の試合は大量得点でのっていけたらと思う。

−Voice 関西学院大学・岡村優佑(MF)
勝てるにこしたことはなかったけど負けたわけではないし、すぐに次の試合が
あるから、切り替えるしかない。今日は出場停止やケガ人もいて、メンバーが
少し変わったが、みんな違う部分で何か持ってるし、特に影響はなかった。
今年はチームのやり方がはっきり見えつつあり、みんなやりやすさを感じて
気持ちがひとつになっているのが、ここまでの結果になっているのではないか。
個人としてはそれぞれが及第点の出来でも、チームとしてはまだ6割くらいの
仕上がりだと思う。勝ててはいるけど、納得は出来ていない。勝つことも
重要だけど、もっと内容も高めていかなくては。


posted by yasuyo KANIE at 11:08| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。