2006年02月19日

第6節 選手コメント

第14回関西学生サッカー春季リーグ 第6節の選手コメントです。
−Voice 関西大学・生田隆司(MF・主将)
蹴ってくる相手に対して、一人めのアプローチがいけず、攻守の人数を
切り替えできずに、攻撃に厚みがなかった。関学のFWに勝てないのは
わかっていたから、しっかりカバーしてセカンドを拾おうとしたが、90分
持たなかった。(橋本)卓にプレーさせへんかったら関学も怖くないので、
(宮津)広記にマンツーマンでつかせていて、広記が足をつるまでは作戦
どおりだった。広記に代わって僕がマークについたけど、サイドを崩されて
ニアが空いたら、卓がフリーになって決められてしまった。うちは後半の
勝負強さがないなと感じた。優勝は難しくなったが、勝てる試合運びが
できるよう切り替えていきたい。

−Voice 関西学院大学・橋本 卓(MF)
マークがついていたし、DFラインが浅かったから、足元でもらわずにウラに
抜けようとしたのが、1点めにつながった。(山口)陽平と目があって、
予想通りのいいパスがきた。前半1点が取れたことは大きかった。開始すぐに
先制されて、FWが引いて取りに来ずに前に張ってしまったことで中盤で
相手の方が人数が多くなり、しんどかった。2点めを取られて、落ち着いて
いつもどおりのサッカーをしようと声を掛け合い、自分たちのリズムが作れる
ようになった。あの時間に追いついて、みんな引き分けでいいとは思わず、
点を取りにいくことしか考えてなかった。それが最後の(古家)昭二の
ゴールにつながったと思う。

−Voice 阪南大学・大西容平(MF・ゲームキャプテン)
前半、パスを取られていたし、バランスが悪くて攻められていたが、
崩されてはいなかったので、我慢してやれた。後半になって、みんな身体も
動くようになり、パスミスがなくなって、セカンドボールも拾えるように
なった。いい時間帯に2点めを取れたのが大きかった。3点めは、その前に
いい感じでシュートできていたので、とにかくダイレクトでアザーサイドへ
打とうと思っていたが、あんなにきれいに決まると思わず、自分でも鳥肌が
立ちました。今日もそうなってしまったけど、前半の立ち上がりの悪さと、
セットプレーでの失点が今の課題です。それを修正して、次の関学に
勝たないと。

−Voice 立命館大学・水谷 敦(DF・主将)
中盤でプレッシャーがあったから、中へ中へと展開してしまい、ワイドに
攻撃を仕掛けられなかった。後半になって、ラインが上がらなくなってしまい、
セカンドを拾われてしまった。そうなってしまうから、後半での失点が
続いている。後半にもっと僕や川堀が声を出して引っ張っていけるように
しないとダメだと思う。
うちのチームは個々の力なら全国でもナンバーワンだが、90分をメンタル的に
どう戦うかというところに課題がある。とりあえず、先のことよりも目の前の
一試合を勝っていけるように切り替えてやるしかない。


posted by yasuyo KANIE at 11:09| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。