2006年02月19日

第7節 選手コメント

第14回関西学生サッカー春季リーグ 第7節の選手コメントです。
−Voice 関西大学・小谷尚也(DF)
いけるという雰囲気はあったが、今日は取れるところで取れず、なかなか
みんなのテンションが上がらなかった。前半はお互いが狭いところで
プレーしていたので、ハーフタイムにサイドハーフを使おうという指示が
あったが、逆に押し込まれてしまった。相手の2列目が飛び出してくるのを
対応するために、DFラインを下げようとしたけれど、中盤のアプローチが
なくなると押し上げられずにきつかった。体力的に前半のプレーを90分間
やりとおせずに押されてしまうのが、このリーグの課題。相手に前を
向かれると、楽しようという弱さがあって、ファウルで止めてしまう。
いらないファウルも多すぎた。
リーグの目標は優勝だったけど、選手権で結果を残せるように、残りの
2試合をきっちり勝ちたい。

−Voice 大阪体育大学・梁 英二(MF)
前半は中盤で負けていて、セカンドボールを拾えなかった。ボールを持った
ときの中盤の押し上げが遅く、蹴ってばかり走ってばかりで拾えずにつなげ
なかった。つなげてくる相手に対して、マークが甘くなっていた部分があるが、
そこさえ気をつければ負ける相手ではないと思っていた。サイドから崩して
ツートップに当てたボールを展開するというチームの狙いが後半ははまり、
リズムをつかむことが出来た。CKではFWの二人がデカいので、二人に
合わせることを意識して蹴ったら、いいところへ行って上手く決めて
くれました。
関西選手権で出来るだけ余裕を持って戦えるよう、少しでも順位を上げる
ように残り試合を落とさずに行きたい。

−Voice 阪南大学・深谷友基(DF・ゲームキャプテン)
立ち上がりが悪いのが課題なのだが、失点の場面は僕がもっと前に蹴り出せば
良かった。クリアボールのスローインでもしっかりマークにつけておらずに、
無駄な失点をしてしまった。関学のFWは高さがあるが、空中戦でも問題は
なかったし、カバーリングも出来ていたので、開始早々に取られたことが
悔しい。
リーグを通して試合内容も徐々に良くなっているし、大院、近大で勝ちを
落としたことが痛かった。優勝の可能性はなくなったが、選手権をいい条件で
戦うためになにが何でも2位を取る。

−Voice 関西学院大学・山口陽平(DF)
勝てたけれども、阪南にやられ放題にまわされてきつい試合だった。向こうは
つなぐのが上手いからゲームを支配されて、自分たちが引いた時間が多すぎて
苦しかった。ハーフタイムで、慌てずにきちんとつないで引き過ぎない
ようにと指示があったが、相手の組み立てが上手くて修正しきれなかった。
決定的な場面ではずしてくれたりと運も良かったが、何点かいかれていても
おかしくない状況もあった。ここまで勝ってはいるが勝ちきれた試合はなく、
常に課題が出てきているけど、今日の試合は反省点が特に多い。
今年のチームは4回生が多く、みんなの勝ちたい気持ちが強く試合の中で
出ていると思う。タイトルを取れるよう、次の試合も全員の力で勝ちに
いきます。


posted by yasuyo KANIE at 11:10| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。