2006年02月19日

関西学院大学イレブン 優勝コメント

3年ぶり2回めの春季リーグ優勝を決めた関西学院大学イレブンの優勝コメントです。
−古家昭二(主将/MF・4年)
優勝できたのは嬉しいことですが、まだ通過点でしかありません。優勝した
ことを意識していてはダメなので、僕は逆に火曜からもう一度締めて練習に
取り組ませようと考えています。
ここまで勝って来られたのは、運が良かったところもある。今日の試合に
関しては、向は真面目な選手だから、その真面目な部分を大切にプレーして
いけばフィフティの場面でもあいつに傾いてくると思っていた。向の
普段からのそういう行いの部分が、最後に勝ちを引き寄せたと思う。
今年のチームは戦う意識が高いが、それは最低限のことであって、やっと
戦いの土俵に上がれていると思う。もっと実力で対戦相手を上回れるような
試合を出来るチームにしていきたい。

−山口陽平(DF・4年)
勝って優勝を決められて良かったですけど、この後関西選手権もあるので、
もっとレベルを上げていかないとダメだと感じている。実際今日の試合も
追いつかれてヤバかったし、これまでの試合も勝ててはいるが、次に対戦した
ときはどこのチームともどうなるかは分からない。優勝という結果を出せた
ことは嬉しいけれど、課題があるという気持ちが強く残るリーグです。
全国で勝つことが自分たちの目標だから、リーグ優勝はできたことはいい
ステップが登れたと思うが、まだ上を目指すために締めなおして行きます。

−水田泰広(GK・4年)
これが最終目標ではないし、関西選手権で結果を出したい。どの試合も
圧倒的に勝ったわけではないから、チームの出来には満足していません。
それでも、出場停止やケガ人が出ても、ロスタイムまでしっかりプレーできる
ようになったのはチーム力が上がってきたからだと思う。
来週の試合は次につなげるためにも絶対に落とせない。勝って、関西選手権へ
いい流れにのって臨めるようにしたい。

−久保亮大(主務/GK・4年)
日頃、練習で(古家)昭二を中心に、声を出してしっかり練習できているのが
結果につながった。粘り強い試合が出来るようになり、「後半の関学」に
なっている。攻撃陣に強さがあるし、前へボールを運べばなんとかして
くれるというのが強みとしてゲームの中で出せていた。
優勝はめちゃくちゃ嬉しいし、いろいろ仕事をしてきたことが報われたという
気持ちです。個人としてはもちろん試合に出たいですが、チームが勝った
ことがごほうびだと受け止めています。

−小松 塁(FW・3年)
ここ2試合、チャンスはあったけどミスも多くて得点できていなかった。
得点の少し前に(岡野)カツさんがケガで交代して真ん中がいなくなり、
サイドは(竹内)亮と向に任せて、自分はできるだけゴールに近いところで
プレーするという攻撃のコンセプトに変わり、亮がサイドからあそこまで
持っていってくれて、おいしいゴールでした。
優勝は初めてなので、まだ実感がありません。優勝を決めた試合でピッチに
立てていたことが嬉しいです。得点王はあまり意識してないです。それよりも
チームが勝てるようにいいプレーが出来るようにしたい。

−向  潔(FW・3年)
試合前に「ミスしてもプラスになるようなミスをしろ」と言われたので思い
切ってプレーできたし、足元にボールも収まっていて、パスも回っていたから
やりやすかった。後半、こちらのペースの時間帯に追加点が取れずに
苦しくなり、追いつかれてしまったが、必ず1回はチャンスが来るから
諦めずに行こうと思っていました。(岡野)カツさんが交代した後は、
(小松)塁の頭と僕と(竹内)亮の足でボールを前に運ぶことを考え、塁の
落としたボールをスペースで出てもらうようにする機会を増やしていた。
一戦一戦積み上げてきた結果として優勝したいと思っていたので、今日の
試合、決められて本当に良かったです。


posted by yasuyo KANIE at 11:11| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。