2006年02月19日

第9節第2日 選手コメント

第14回関西学生サッカー春季リーグ 第9節第2日の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・修行智仁(GK)
ピッチに水がたまっていたので、最後まで止まったりしないよう意識して
DFにも声をかけ、しっかり対応できていた。早い時間に得点できたけれど、
ここまで逆転されることが多かったから、次の1点が大事とみんな分かって
いたし、同じことをやらんように修正できたと思います。
試合に出るようになり、最初はガチガチだったけど、落ち着いていい緊張感を
持ってプレーできるようになった。細かい課題は多いですが、もっとDFとの
コミュニケーションを取って、失点したときにしっかり声をかけて集中させる
ようにできていたら、ずるずる行かずにすんだかなと思う。結果がついて
こなかったところはあったが、いい経験ができました。

−Voice 近畿大学・佐々木啓行(DF)
このリーグは、崩されて失点というのはあまりないが、セットプレーで
5、6点いかれてしまっている。いつもマークは足りているのだけれど、
今日はボールが落ちたあとの反応が遅くて、こぼれ球を入れられてしまった。
一人一人がマークしている選手に負けないという気持ちが薄いと思う。
春は先制したらのれて勝てたが、先に取られてしまうと逆転できなかった。
僕はDFなので決めて欲しいと思って見ているが、なかなか上手くいかない。
今日も勝たなくてはいけない試合だったと思う。それでも関西選手権に
出られることになったので、きちんと修正して結果を出したい。

−Voice 関西学院大学・古家昭二(MF・主将)
ケガ人や出場停止もあってメンバーが代わったが、誰が出ても同じ仕事を
しなくてはダメ。出ている選手にとってはチャンスなのに、縮こまっていたら
チャンスの意味がないです。後半は選手が変わったから良くなったわけでは
ありません。ハーフタイムに監督にケツを叩かれてからしかやれないなら
子供だし、そんな意識では次のチャンスは回ってこない。チームの底上げが
大事だと痛感した。
今日の試合はこっちが普通にプレーできていたら点は入る相手なのに、
自分たちがその普通のことをできていなかった。それでもチームが失敗した
ときに次の試合へどう臨めるかが大切。そこでチームとしての価値が出ると
思う。

−Voice 関西学院大学・稲田瑞穂(MF)
Aチームの1回生で、僕だけずっとベンチにも入れずにAもIリーグも応援
だったので、今日はみんなにもチャンスはあると言われたし、このチャンスを
生かそうと気持ちは入っていました。
負けていたので、ひっくり返したかった。ゴールを決められたけど、自分が
他にも得点できた場面もあったので、そういうところできっちり入れられる
ようにしたい。僕はボールをコネでしまう癖があるけど、今日は判断よく
ボールを出せていて、ピッチの状態を上手く利用できたところもあった。
そんなにプレスがキツイと思わなかったし、あまり緊張せずにやれました。

−Voice 桃山学院大学・江添建次郎(DF・主将)
甲南戦もそうだったけれど、後半途中から力で押し込まれると、それを打開
できない。慌てる場面ではないのに、一つ一つの反応が遅くなってしまう。
相手は蹴ってくるだけなのに、跳ね返して落としてを繰り返しているうちに、
ボロが出てきてしまう。勢いに押しこまれる部分を跳ね返せるくらいに、
レベルを上げられればと思う。自分たちが攻めているのに、効果的に得点
できていないのも、後半苦しくなっている原因です。関学のサイドは破れて
いたし、トップは押さえられていたのだから、後半、もっと早く1点取って
おきたかった。
順位はもう決まってたけれど、意地でも今日は負けたくなかった。


posted by yasuyo KANIE at 11:13| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。