2006年02月19日

1回戦 選手コメント

第33回関西学生サッカー選手権大会 1回戦の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・川堀登史(DF・ゲームキャプテン)
最終節の近大戦のように、最初から勢い出して行こう、同志社は前から
プレスをかけてくるけど、それを逆手にとって押し返そうとしたのが、上手く
はまった。早い時間に得点を取れたことは大きかった。リーグでは得点
してから気持ちがついていかないことが多く、ひっくり返されることが何度も
あったので、今日は気持ちもボールも前に出して、立命のサッカーをしようと
みんなで話していた。
フィニッシュに不安はあったけれど、前でキープすることを意識したし、
前線でつなげられるという自信もあった。まだ完成型ではないが、戦い方は
見えてきた。先に行けるようきっちりと自分たちのサッカーをしていきたい。

−Voice 同志社大学・田村和也(DF・ゲームキャプテン)
自分たちのサッカーができず、成す術なしという感じでした。最初に2点
取られてしまい、リズムをつかめなかった。あたふたして後ろが
落ち着かなくて、しっかりボールをつなぐという自分たちのサッカーができず、
判断が遅いために蹴るしかなくなっていた。チャンスがなくはなかったけど、
早めに1点ほしかったし、シュートに行く最後の集中力と、ゴール前での
迫力が欠けていた。もっとみんなで力を合わせてやっていかないと勝てないと
痛感した。秋に向けてまずはDFラインの修正から取り組みます。


posted by yasuyo KANIE at 12:22| 第33回関西学生サッカー選手権大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。