2006年02月19日

2回戦 選手コメント

第33回関西学生サッカー選手権大会 2回戦の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・間所靖英(MF)
前半は前にしっかりボールを持っていって、プレスもかけられていたし、
大きなプレーができていたが、後半の立ち上がりに小さなことをやってしまい、
押し込まれて失点した。もっと高い位置で後半プレーすることができていたら、
よかったが、今の立命の弱さ、悪いところが一番でてしまった。取られて
切り替えたつもりが、気持ちを断ち切れていなかった。しっかり声を出して
まず1点とろうといっていたけれど、反撃に出るのが遅かった。
春はリーグを通して、メンタルの弱さが出た結果となった。それでも点は
取れるチームになったので、夏の間、走りこんでしっかりDFを一からやって
いきたい。

−Voice 阪南大学・深谷友基(DF・ゲームキャプテン)
セカンドボールを取りきれず、ウラに蹴られていたので、前半は
苦しかったが、そこで耐えてしっかり守ることができた。後半は自分たちに
リズムがでてきたし、いい時間に得点ができた。先制したあと、
追いつかれたり逆転されたりということがリーグでは何度かあったが、
前からのDFも今日はやれていた。最後はバテてしまい、切り替えが
遅くなってしまった。
この春はDFが安定しない部分があったと思う。人を動かすという点で、
自分は声が足りないと感じた。ゲームキャプテンとしても、もっと自覚を
持ってゲームの中で引っ張っていかなくてはならない。

−Voice 阪南大学・大西容平(MF)
今日は涼しかったので楽でした。リーグのときよりもやりやすかったし、
それぞれが自分の役割ときちんと果たせていたと思う。攻め込まれる時間は
長かったけど、崩されることはなかったし、あそこで我慢できたから後半の
得点につながった。前半の終わりくらいから、うちのサッカーができて
いたから、続けていこうとハーフタイムに話があり、どんどん得点できた。
立命館は中盤でつないできて、一発で切り替えるようなパスを狙ってくる
ことがないので、やりやすかった。
次の関学には、リーグ戦で悔しい思いをしているので、借りを返さないと。

−Voice 大阪体育大学・前田和哉(DF・主将)
早い時間に1点入ったけれど、そのあとずっと関大のペースのまま、前半は
終わってしまった。ボランチの位置が低かったので、途中から高い位置を
取るようにし、スペースを埋めることで少し流れが変わったと思う。ボールを
まわされて自分たちのペースに持ち込めなかったが、耐えたことで得点を
いい時間帯に取れたし、しんどかったときに少ないチャンスをものに
することができた。
身体はリフレッシュできて、みないい状態で選手権に臨めている。リーグでは
桃山にペースを握られたが、5分以上に持ち込んで、粘り強く勝ちたい。

−Voice 関西大学・生田隆司(MF・主将)
体大は蹴ってくるだけなので、僕にあてて中盤をさばいてサイドから攻撃
しようとした。セカンドボールは拾えていたが、DFラインからきちんと
つなげていたら、もっと上手く仕掛けられたかなと思う。ペース的には関大の
展開だったが、そこで決めきれなかったのが敗因です。シュート数が少なく、
勢いのあるときに入れられていないし、詰めも甘かった。
サイドからの攻撃なら、向こうの高さも関係ないので、(吉村)修平や
(木本)敬介の特徴を生かす攻撃をやろうと、リーグから言っていたがそれが
できていなかった。もう一度DFとチームの意識の統一を、夏の間にしっかり
やっていきます。


posted by yasuyo KANIE at 12:25| 第33回関西学生サッカー選手権大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。