2006年02月19日

桃山学院大学イレブン 優勝コメント

初優勝を飾った桃山学院大学イレブンの優勝コメントです。
−江添建次郎(主将/DF・4年)
阪南相手だから、延長戦は覚悟していた。去年は延長に入ってからは主導権を
握られっぱなしでやられてしまったが、今年は自分たちがいいチャンスを作る
こともできていた。阪南に勝ったのは、僕が1回の春リーグ以来だし、
関西選手権で勝てたというのは大きいです。リーグでやったときに比べたら、
今回はよくつなげて、ボールまわしに余裕が出て、チャンスも多かった。
自信をもっていいところを狙ってプレーできた。今日のように得点がなかなか
入らない状況でも、入れられずにしっかり耐えられるようになったのも成績に
つながったと思う。
監督は総理大臣杯の目標は「ベスト8を越えること」と話していたが、いつも
関東にやられているので、自分たちのサッカーで粘って勝ちたい。

−森 祐生(FW・4年)
監督が変わって、チームも一から作っていったことで、阪南に勝ち、選手権で
優勝するという壁を破れたと思う。全国大会でベスト8より上に行くという
次の壁を破って初めて、桃山サッカー部の歴史を変えられる。みんな今まで
壁を乗り越えられないことをふがいないと感じていたし、そこを突破しようと
いう気持ちで、個々がテーマを持って取り組んでこられた。
去年まで(川井)健太さん(現・愛媛FC)と組んでいて、いろんなことを
やらせてもらったので、今年は4回として東條が自由に動くことができる
ようにプレーした。東條がそれに応えて結果を出してくれる分、自分も
頑張ろうと刺激を受けて、いいバランスを取ってお互いがやれました。

−櫛田 啓(主務/DF・4年)
優勝できて嬉しい。今日はアクシデントが続いたのもあって、自分の
出場機会はなく、最後の方でみんなが足をつってるのを見て歯がゆかった
けれど、勝てたからいいです。
ベストマネージャーはとても嬉しい。みんなも取って欲しいといってくれて、
喜んでくれた。いろんな人の助けがあったからこそ、取れた賞だと思います。
みんなが休んでいるときに仕事をしなければならないし、選手との両立は
厳しい部分もあるけれど、タフにサッカーやるのが自分のウリだし、そういう
しんどいところで頑張れるという自信はありました。選手であることを
諦めずに、主務の仕事も頑張ってきた甲斐があったと思います。

−田中慎太郎(GK・3年)
できればPKを止めて終わりたかったですけど、チームが勝てたのでOKです。
誰も外さずにあそこまできたけど、逆に自分が1本止めれば勝ちなので、
緊張はしませんでした。フィールドが全員決めてくれたことに感謝したいです。
この春は個人としては反省も多く、当たり前のことを当たり前にやる難しさを
感じました。4回生を中心に声を出してしっかり引っ張ってくれるので、僕も
もっと見習って引っ張っていける立場にならないといけないと感じています。
総理大臣杯まで1ヶ月あるので、一番を目指してしっかりトレーニングを
していきます。

−姜 鉉守(MF・2年)
準決勝のFKは、蹴る前に江添さんが「外れても当たり前だから、自信を
もって蹴れ」と言いに来てくれて、思い切っていいコースに蹴ることが
できました。FKでアシストが重ねられたのは、副島監督がしっかり蹴り方を
教えてくれたし、東條さんがヘッドで決めてくれたからだと思います。
試合に出られるようになり、家族も食事や生活の面でバックアップしてくれて
感謝しています。僕なりにリーグと選手権では飛躍できたし、自信もついて
戦えました。高校の先輩である(梁)勇基さん(現・ベガルタ仙台)が自分の
目標です。関東とはレベルの差はそんなにないと思うので、全国大会でも
負けたくないです。

−山梨純平(MF・1年)
中盤があいていたので、サイドに振ったりつなげるスペースがあるから、
ボールを散らせと指示を受けていた。自分では、ボールがきたらなるべく
シンプルに、アタッキングゾーンでは仕掛けていこうというのがやれたので
よかったです。僕はシュートよりもパスやドリブルの方が好きなんですけど、
練習のときに江添さんにもっとシュートを打つように言われて、それを心に
留めてプレーしたのがゴールにつながりました。
先輩たちのおかげで1年めで優勝できてよかった。来年以降、自分が
レギュラーで出場して優勝できるように頑張りたいです。


posted by yasuyo KANIE at 12:28| 第33回関西学生サッカー選手権大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。