2006年02月19日

1−2部入替戦第1戦 選手コメント

第14回関西学生サッカー春季リーグ 1−2部入替戦第1戦の選手コメントです。
−Voice 大阪学院大学・土屋明大(GK)
最初からもっと前に行くつもりだったが、相手も気合が入っていたので、
膠着状態になってしまい、思っていたようにはいかなかった。後半はお互いに
中盤が空いてきて、攻めあいになっていた。こっちは後ろの3枚で止める
ことができていたから、シュートを打たれてはいなかっただけで、僕らが
攻めているようには見えたけど、プレスがかかっておらず、良くはなかった。
前との間が空くと守る方としては危ないので、集中しろと常に声をかけて、
よくDFで食い止めていた。
もっとやれることがあってのではないかと思うし、もったいない気がする試合
だった。得点できなかったのは運が悪かったが、失点しなかったことは大きい。
次、勝たんとしゃれにならんし、まとまったら間違いなく勝てると信じています。

−Voice 関西外国語大学・室 拓哉(GK)
今日はとりあえず0−0でOKと考えていました。だけど、攻めて攻めて
0−0というつもりだったけど、引いてしまった。次は全体がもっと積極的に
前でプレーできるようにしたい。今日も引いて守るつもりではなく、前に
行こうとしたけれど、相手につぶされてしまっていた。それでも押し込まれは
したが、ゴールを入れられる気はしなかった。
攻め込まれるのは覚悟の上だし、どれだけそれを止めて、ワンチャンスで
取れるかだと思う。次につながる試合だったと思うし、手ごたえはあったので、
来週頑張るのみです。

−Voice 甲南大学・早野悠一(MF・主将)
前半、攻撃の落ち着くポイントがなく、サイドが起点となるのか、トップで
ポイントを作るのかが曖昧だったし、こぼれ球を拾えなかった。後半、相手も
バテてきたし、少し良くなってきてこっからという時のPKが痛かった。
今日、僕がDFに入ったのは、DFのカバーリングをしっかりやれるという
ことと、ラインが不安定だったので落ち着かせようという意図でした。
次の90分で、点を取れるようにするしかない。攻撃で前にいける形を作って、
ゴール前へ早い攻撃をしていけば得点できると思う。勝負するところを
意識して前へ向かってプレーしたい。いろんな面でもう一歩前にいけるような
チームのレベルアップしていかなくてはと感じています。


posted by yasuyo KANIE at 12:35| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。