2006年02月19日

1−2部入替戦第2戦 監督・選手コメント

第14回関西学生サッカー春季リーグ 1−2部入替戦第2戦の監督・選手コメントです。
−Voice 甲南大学・桂  豊監督
リーグを象徴するような入れ替え戦でした。攻めなきゃいけないところで、
攻められない、取られちゃいけないところで失点してしまう。今日は先に
取られたらダメだといっていたら決められてしまったし、そこで流れを
こちらに持ってくることができなかった。限られたメンバーしか、いつもの
自分たちの力を出しておらず、萎縮してサッカーをしている。4回生が
ひっぱって頑張っているのがなかなか下級生たちには伝わっていない。
そういう頑張りの部分をみんながわかってやらないとチームを作りあげて
いく上で、なかなか難しい。勢いを持ってきたチームとの、差が試合の中で
出てしまいましたね。

−Voice 京都産業大学・林 孝紀(DF・ゲームキャプテン)
最後のリーグを2部で終わりたくなかった。去年、1部でやれていたとき、
試合には出ていたけれど、チームに貢献できていなかったし、最高学年として
今度こそはという気持ちが強かった。前半に失点して、ここで気持ち
落としたら、またやられてしまう。引き締めてこれ以上やられたらあかんと
ハーフタイムに気持ち高めて臨んだ。しんどかったけど、応援してくれる人も
いるので、頑張れた。
チーム内の競争も激しくなり、自主練する人も増えて、みんなのサッカーに
対する意識も上がってきた。まだ1部でやっていく上で足りない部分もあるが、
もっと4回生が頑張って引っ張っていけるようにしたら、1部でもそこそこ
いい試合ができると思う。

−Voice 大阪学院大学・佐々木勇人(MF・ゲームキャプテン)
先週は全然プレスをかけられなかったので、今日は最初の15分、前から
プレスに行って、点を取ろうと話していました。早い時間に得点できて
良かった。もう1点取れていたら、もっと良かったんですけど…。前の試合で、
FWで得点できなかったのでセットプレーは鍵になると考えて、だいぶ練習を
重ねました。そのチャンスをきっちりものにできたのは大きかったです。
入れ替え戦になって苦しかったが、この春リーグは勝てる試合や惜しい試合も
多く、競った試合ができたと思う。秋にはもっとやれるチームにしたい。

−Voice 関西外国語大学・西澤一将(MF・主将)
相手のセットプレーに気をつけようと話していたのに入れられてしまった。
前半はリズムが作れなかったが、耐えて後半に元気な選手を使っていこうと
した。リーグを通して交代出場した選手が活躍していたので、後半には
自信もありました。2点取られたけど気持ちでは絶対に負けられなかったし、
僕はキャプテンだから、自分が得点することで引っ張っていこうと
思いました。起爆剤にはなったけど、あとちょっとが届かなかった。
1部のチームは競り合いが強いし、セカンドボールへのアプローチも早い。
練習試合ではいい勝負ができているけど、こういう土壇場での勝負強さを
全員が身に着けていかないとダメだと思った。1部に行くための最後の壁は
高いけれど、秋リーグ、僕たちが昇格を決めて、後輩たちには芝で
サッカーをしてもらえるようにいい結果を残したいです。


posted by yasuyo KANIE at 12:36| 第14回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。