2006年02月24日

第1節第1日 選手コメント

2004年度関西学生サッカーリーグ 第1節第1日の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・亀ヶ渕鼓(FW)
天皇杯予選では単調な攻撃を繰り返してしまい、思うような戦術が
できなかったので、今日は(橋本)卓さんと岡村さんに当てて、サイドへの
展開を意識した。点はなかなか入らなかったけれど、形としては良かった。
前半は中盤で持ちすぎた面もあったので、もっと少ないタッチでボールを
動かすことを意識できれば、チャンスは増えると思う。最後、相手DFの足が
止まったので、ウラに飛び込んでペナルティエリア付近で勝負しようと話して、
(岡野)カツさんが飛び出してくれたのでゴール前にいけて決めることが
できました。ここまでチームのコンディションが上向きにならず、不安は
あったけれど勝ててホッとした。

−Voice 京都産業大学・林 孝紀(MF・ゲームキャプテン)
夏に走りこんできたので、スタミナ的に負けることはなかったけど、技術的な
部分で劣るところがあって、最後に力負けしたという感じだった。全員が
よく動けていたから、いいポジショニングを取れて、守備では以前に比べて
安定したと感じます。ある程度いい形は作れたが、フィニッシュにいけてない。
どうしても縦に蹴るサッカーになってしまったので、中盤から組み立てて
崩していけたらもっとチャンスは増やせると思う。負けはしたけれど、
ある程度やれる部分があったので、みんな1部リーグで戦っていく自信は
持てた。

−Voice 桃山学院大学・江添建次郎(DF・主将)
落ち着いてプレーできればもっと楽な試合ができた。守備で跳ね返した後、
きちんとマイボールにしておくだけで違ったし、相手がアプローチに来た
ところで、あわてずにボールを動かすことがなかなかできなかった。自分らの
ミスから危ない試合にしてしまったけれど、負けるとは思わなかった。
追加点を取れなかったことはしんどかったが、しっかりこらえられたし、
ちゃんとDFをやらなダメっていうをみんなよくわかっただろうから、
そういう意味ではいい出だしだと思う。どのチームも簡単には勝たせて
くれないし、自分たちが主導権をずっと握れるような試合はない。その中で
堅実にひとつひとつを勝っていくことがリーグでは大切になる。

−Voice 同志社大学・増田 翔(MF・主将)
これまで同志社は先制されるとダメになってしまっていたけど、今日は何度も
チャンスがあって、逆転できた試合だった。負けたけれども手ごたえは
感じます。今年はグラウンドの中で戦っていくことを合言葉としている。
今日のゲームでは最後まで諦めずにやれたし、声も途切れなかった。ケガも
あったけれど、リーグにはどうにか間に合わせることができました。みんなで
盛り上げていこうとしても、いつも途中で声が消えたり、後ろ向きに
なったりする部分も出てしまうが、主将として出場しているからには、
前向きにみんながプレーできるよう、試合の中で心がけています。最後の
リーグになるけれど、それを意識せず、いつもどおり全力でプレーするだけです。


posted by yasuyo KANIE at 00:11| 2004年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。