2006年02月24日

第1節第2日 選手コメント

2004年度関西学生サッカーリーグ 第1節第2日の選手コメントです。
−Voice 阪南大学・松岡亮輔(MF)
前半に決められず、僕のパスミスから失点してしまったので、勝ってくれた
ことに感謝しています。もうダメかと思ったが、みんな取り返す気で諦めんと
プレーしてくれたのに助けられました。苦しくてもシュートに行こうという
姿勢が実った。ボールはつなげられてるけど、引かれる相手に対して早い
崩しができていない。周りのみんなを意識して動けるように試合の中で声を
出せる選手がいないので、上手くいかないときに雰囲気が悪くなってしまい
がちだが、前向きにやっていこうと徐々に良くなってきている。天皇杯も
あってスケジュール的には厳しいけど、チームのために頑張りたいし、
試合数をこなすことで自分を高めたい。

−Voice 近畿大学・近江孝行(MF・主将)
悪い試合ではなかったと思う。この失敗を次に生かして、最終的にこの敗戦が
あったからいい結果を出せたとなるようにしたい。阪南は逆サイドが上がって
くるので、気をつけようと話していたのにそこでやられてしまい、もっと
集中しなくてはと思う。いいリズムで攻撃できていた時間帯に、(負傷で)
佐々木が急に交代することになり、動揺した部分もあった。そういうしんどい
ところで、自分が頑張って走ることでチームを盛り上げられたらと思い、
身体を張ってプレーした。しっかりボールをまわせて、狙えるところは狙って
相手のミスをつくこともできたので、切り替えて上を見て、長期戦のリーグを
戦っていきたい。

−Voice 大阪体育大学・小久保武(MF)
0−4という結果はデビュー戦としては最悪なんですけど、個人としては
そんなに緊張せずに思っていたことの半分くらいはできたかなというのが
感想です。守りの部分でミスが出て、失点につながったことは反省点だし、
ドリブル突破からのセンタリングという得意な部分でももっと自分は
やれたのではないかと思います。ハートの部分でもまだ足りない部分があると
感じました。リーグの雰囲気もわかったので、次にはもっと最初から力を
出し切れるようにしていきたい。レギュラーに定着できるよう頑張り
ますから、また応援してください。

−Voice 大阪学院大学・佐々木勇人(MF・ゲームキャプテン)
体大は高さがあるから、ファーストボールは負けてもいいからとにかく
セカンドボールを取ろうと狙った。ボールを前で取れたし、サイドに出させて
そこからプレスにいくのもうまく効いていた。2点めはGKが出ていたのが
見えていたので、狙っていました。3点めのFKは得意な場所だし、
思っていたとおりに決まりました。春は得点力不足に泣いたし、この4点は
大きい。最後、足がつってキツかったけど、春以上に走ってきた成果が
出たと思う。今日のようなサッカーを続けられれば勝っていけるけど、
この勝利は忘れてまた1からのつもりで次の試合に臨みたい。


posted by yasuyo KANIE at 00:13| 2004年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。