2006年02月24日

第2節第1日 選手コメント

2004年度関西学生サッカーリーグ 第2節第1日の選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・姜 鉉守(MF)
後半には攻められるようになったけど、層の厚い攻撃ができていない。
サイドハーフとサイドバックが徐々に上げていくことができずに、1本で
攻撃にいってしまった。数的優位を作れていても、2対1で崩せていないし、
ラストパスの精度をもっと上げないとダメだと思った。セットプレーから
得点に結びついていないので、サイドでファウルをもらったときに、精度の
高いパスでゴールにつなげたいです。次はエゾさんが出場停止なので、
チームを盛り上げる声を自分も積極的に出して引っ張れたらいいなと思って
います。僕らは常にチャレンジャーだし、おごりはありません。上を見て
もっと強いチームになれるよう頑張ろうという気持ちです。

−Voice 大阪学院大学・衣斐孝賢(DF)
ここまで2試合、3バックのカバーリングがほぼ完璧だし、ボランチも
トップのカバーができている。セカンドボールをしっかり拾えているので、
崩されることがないのが勝因だと思います。今日は退場もあり、最後には
(佐々木)勇人が交代してカウンターでチャンスを作れず、苦しかったけど、
みんなひたすらとぎれず声を出して集中して最後までプレーできた。
加茂さんが来てから、走る練習が増えてしんどかったけど、走ってきて
良かったと実感しています。いつもリーグの出足はいいので、この調子を
持続していけるようコンディションを意識して頑張りたいです。
ゾーンプレスをしっかりやれれば、負けることはないのでこれからも
自分たちのサッカーをやりとおしたい。

−Voice 関西学院大学・橋本 卓(MF)
相手が退場したから、後ろからもっと上がって分厚い攻撃をするべきだった。
セカンドボールを取られていたけど、前半は風上だったから我慢して、
後半には支配できるようになった。サイドへボールが出たときに奥まで
行っているのに、切り返して戻してやり直しというのが多く、やりきって
いない。縦に一回行って、中盤で詰まったらウラしかないという単調な攻撃に
なっていた。もっとボランチを使ってサイドを変えていかなくては。中盤と
FWの連携ミスで取られることが多いのでそれをなくしていかないと
ダメですね。それでも2試合続けて失点を0に抑えているのはチームとしては
大きいと思う。

−Voice 同志社大学・田村和也(DF)
前半、決めるべきところで取れていたらという気持ちです。ボールを置きに
いっている感じになっていて、ビビっているわけじゃないけど思い切った
プレーで最後シュートまで行かないと点にはならない。自分も1試合に1回は
チャンスがあるので、そこで確実に決められるようにしたいです。試合の
入り方に気をつけて、スペースに蹴って押し上げることを意識することで、
持ち味のプレスができてきたと思います。もっとボールをつなげる時間帯を
90分の中で増やして、同志社らしいサッカーを見せたい。次は中村と西野が
出場停止になるけど、リーグではずっとメンバーが揃うわけではないし、
チャンスをもらえるメンバーは必ず頑張ってくれるはずです。


posted by yasuyo KANIE at 00:19| 2004年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。