2006年02月24日

第2節第2日 選手コメント

2004年度関西学生サッカーリーグ 第2節第2日の選手コメントです。
−Voice 阪南大学・松浦敦史(MF)
1点めは思い切り打ったら上手く入りましたが、2点めは運が良かったなあと
いう感じです。深谷が抜けて、テンパって押されたところはあったけど、
点を取られずにこういう試合を勝てたのは大きいです。試合内容が悪いなりに
勝てていることで、チームも少しずつ良くなってきている。中盤で松岡と
駒野が頑張ってくれたのも大きい。松岡はしんどいだろうけど、声を出して
くれるので僕らもだいぶ助けられています。今年はチーム状態が悪いときには
みんなで話をする機会も多いので、選手の意識の面も揃ってきていると思う。
天皇杯があり、スケジュール的にはしんどいところもあるが、頑張り屋が
多いので大丈夫です。

−Voice 関西大学・山戸直樹(DF・ゲームキャプテン)
セットプレーに気をつけようと言っていたが、そこでやられた。焦って中盤が
ミスをして決めきれずに悪いパターンになってしまった。後ろで僕が声を
出しても周りが反応できず、試合中に修正が効かなかった。
後半、(前田)マサがサイドに入ったけど、中盤でサイドチェンジができず、
(木本)敬介が空いているのにボールが行かない状態になっていた。マサの
ドリブルも間合いを取られて上手く守られていた。今までなら阪南に対して
楽にボールを回せていたが、今日はやりにくかった。ボランチもDFに
追われて中盤のつなぎができず、攻めに出たときには連携ミスが出て、
向こうにしたらプラン通りの展開だったと思う。上手いことやられたのが
点差になってしまった。

−Voice 大阪体育大学・前田和哉(DF・主将)
こないだの試合では何もできずに負けたので、今日はとにかく勝つことに
集中して試合に臨んだ。前半はボールを支配できていたが、シュートまで
なかなか行けなかった。後半は立ち上がりがいつも悪いし、フィニッシュまで
行く動きを生かしきれずに苦しい展開になってしまった。攻撃に移って
こぼれ球を取られた後のDFが曖昧なので、そういう場面でしっかり
バランスをとってプレーするよう、もっと声を掛け合ってやりたい。次の
関大は、春リーグ、選手権では勝っている相手だが、その自信が過信に
ならないよう、しっかり調整して自分たちのプレーをしたい。

−Voice 近畿大学・石橋清一(MF)
PKはいつもGKを見て蹴るんですが、動かなかったので左に蹴ったら
はじかれた。運が良かったのもあるけど、こぼれ球が入ったのは、気持ちだと
思った。前半は守備に追われてばかりだったので、後半は僕と近江の両サイド
ハーフがもっと早くプレッシャーをかけて、いい形でボールを取ろうとした。
フリーで蹴らせないようにして、奪ってからシンプルにボールを動かそうと
いうのが、後半20分くらいまでは上手くいっていた。阪南戦も勝てた試合
だったし、今日も悪くても引き分けで終われたので、後味が悪い。試合間隔が
空くので、とにかく切り替えて上を目指してやっていくしかないです。


posted by yasuyo KANIE at 00:25| 2004年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。