2006年02月24日

第4節第1日 選手コメント

2004年度関西学生サッカーリーグ 第4節第1日の選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・森 祐生(FW)
3バックが機能するかどうか微妙だったので、前半は押されるだろうと思って
いたが、試合をしていく中で徐々に修正がかけられた。フォーメーションが
違うから、自分がどのエリアを守るのか、受け渡す声をしっかり出すことで、
後半は個人とチームのやることがはっきりした。攻めさせておいて
カウンターという、自分たちのいい形で得点することができた。田内は
一生懸命やってくれて、僕が狙うスペースを作ってくれた。ゴールの場面は
それで僕が自由になれて、うまく決められた。次につながる勝利に
なったと思う。

−Voice 関西大学・山戸直樹(DF)
負ける試合はこういう感じかな。1点勝負の我慢比べに負けました。
こちらにもチャンスはあったのに、決められず、向こうにはきっちり
入れられたことが勝敗の差になってしまい、悔しい。桃山はツートップが
速いので、しっかり対応しようと話していたし、いいキッカーがいるので
セットプレーを与えないよう注意していました。春リーグに比べて、
ファウルも少なくやれていたのに、うまくいかずにいらいらして、ちょっと
したところでファウルを増やしてしまった。もっと精神的な部分で
コントロールできないと。とにかく、優勝とインカレのためには、残り全部、
勝たなくては。

−Voice 関西学院大学・春川 誠(DF)
失点はウラに回られて、誰もついておらずやられてしまった。向こうの
44番(江口)が流れるのが上手いから警戒していたけど、そこでもう一人の
19番(佐藤)にやられてしまった。入れられても勝てばいいけど、
チャンスがかなりあったのに点を取れなかったのがキツイです。後半30分
くらいから、全員が前がかりになってしまい、DFラインは僕と(小野原)
明男だけになってしまって、中盤のこぼれを拾えなくて守っていて
しんどかった。1点を取りに行こうとなるのは仕方ないけど、時間帯や流れを
もっと考えないとだめだと思う。次のゲームはDFからきっちりやって、
勝ちをつかみたい。

−Voice 近畿大学・石橋清一(MF)
後半は押されてしまい、守備しかしていません。今日負けたら、入れ替えが
見えてきてしまう。みんながけっぷちでチーム全体で戦おうという気持ちで
声を出して集中してやれた。近江がいないことで、苦しい場面で学年関係なく、
いつも以上に声を出して頑張れた。1点を守りきれたのは自身になったけど、
もう1点を取る気持ちがなければこれから先苦しい。取れるところであわてて
しまい、確実に決めることができなかった。今日の前半みたいに、簡単に
ボールを動かしてサイドをついていければ、チャンスは広がる。
その自分たちのサッカーを90分やれば、次も勝てるのではないかと思う。
来週もこの集中を続けられる方向に持っていきます。


posted by yasuyo KANIE at 00:28| 2004年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。