2006年02月24日

第4節第2日 選手コメント

2004年度関西学生サッカーリーグ 第4節第2日の選手コメントです。
−Voice 大阪学院大学・橋垣戸光一(MF)
今日勝ったのは、みんなが同じ強い気持ちを持てたからだと思う。
立ち上がりに相手を見てしまったが、危ない場面はなかったし、しっかり
守りきれていた。向こうは高さのある選手をFWに入れてきたが、練習を
してきているから、意識して怖いとは思わなかった。田村・西野といい
キッカーがいるが、いいボールをあげられても中できちんとついていれば
対処できる。メンタルの面でみんなが成長してきたと思うし、これまでは
一部だけだったけれど、今は全員が上を意識してプレーしている。今日は
勝ったけれど、次に負けたら意味がない。自分たちが強いわけではないし、
終わったときにいい結果がでるような試合をしたい。

−Voice 同志社大学・田村和也(DF・ゲームキャプテン)
みんなが動けていなかった。何でそうなってしまうのか、身体的な部分と
いうよりは、気持ちの面のように思う。後ろはいいけど、前で動けていないし、
動き出しも遅かったので、高い位置でボールが取れなかった。攻撃のときに
ボールが落ち着かずに、上手くかみ合わずに自分たちの形で攻めることが
できなかった。次は絶対に負けられない。近大は個人個人が上手いので、
しっかりプレスをかけてつぶせるようにしたい。


posted by yasuyo KANIE at 00:29| 2004年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。