2006年02月24日

第6節第1日 スタッフ・選手コメント

2004年度関西学生サッカーリーグ 第6節第1日のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 近畿大学・江本 竜(DF)
先に点を取れたので、流れをつかむことができた。向こうが引いてくれたのも
あり、中盤のこぼれ球を拾いやすかったけれど、そこから仕掛けて
フィニッシュに持っていく時間が少なかったのは課題です。1点じゃ
しんどいし、もっと取れるチャンスはあった。ボランチは、守備も攻撃も
自分から動いていけるのでやりやすい。CBに入っている選手も頑張って
くれているので、結果になっているのだと思う。まだインカレには手が届くし、
遅すぎたかもしれないけどやっと上にいけるスタートが切れたと思う。

−Voice 大阪学院大学・高間武コーチ
出足が悪く、前半相手を自由にして失点してしまった。もっと積極的な攻撃と
守備をやらないといけない。橋垣戸がいないことで、中盤でつぶしに行くのが
遅くなっていた。後半は近大も足が止まっていたので、ある程度攻めることが
できたが、それまでももっとやろうとしていることができていないとダメ
ですね。最終的に崩されてはいないけど、うちのゲームになっていなかった。
ゲーム中にアグレッシブさを出して、全員がもっとスピードアップして声を
出してやれるようにならないとこういうゲームはなかなか難しい。3日間、
反省も交えて一丸となって戦う気持ちを持ち直して、次の試合に臨む。

−Voice 大阪体育大学・前田和哉(DF・主将)
ここまでDFの流れに乗っていけず、失点が多かったけれど、今日0に抑えて
勝てたのは気持ちの上で大きいし、みんな入れ替えてやれると信じている。
自分らの守備の弱い部分を他のチームに見つけられていたけど、それを修正
できていなかった。悪いパターンだと、後半立ち上がりに取られてしまうけど、
今日は気持ちを切らさずに後半に入れて、先に1点取れたことが大きかった。
退場がでたので、逆にしっかり守ろうとまとまったし、3点取っていたので
抑えることに集中できた。桃山は速いFWがいるけど、前を向いてスピードに
乗せないよう、先にプレッシャーをかけていきたい。

−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
前半立ち上がりの15分はペースをつかめて、攻撃に厚みもあったけど、そこで
得点できなかったのが今日の試合の全て。これまでのリーグ戦で前半は
そこそこやれているのだが、後半は機能していない。選手も今の状況はよく
わかっているけど結果が表れない。先に得点できないので、リズムに
乗れないし、モチベーションはあがっているけど空回りしている。中盤で
回せても攻撃に厚みがないので、相手に対して威圧感がない。
ただ、サッカーは最後まで何が起こるかわからない。修正できる時間が短いが、
気持ちをしっかり持たせて、とにかく勝ち点3をめざしたい。


posted by yasuyo KANIE at 00:30| 2004年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。