2006年02月24日

2部順位決定戦 選手コメント

2004年度関西学生サッカーリーグ 2部順位決定戦の選手コメントです。
−Voice 大阪教育大学・菅野友則(GK・主将)
去年は2回とも悔いの残る入れ替え戦だったので、挑戦権が得られたことに
ホッとしています。前半0で守って、後半に1点取るというのが自分たちの
スタイルなので、焦りはなかった。前半は相手もプレスをかけていたが、
疲れてくるだろうし、チャンスをものにして1−0にできたことで、その後は
落ち着いてやれました。去年の経験で勝負どころがわかるようになり、
1回生も思い切ってやれている。以前よりも戦力的にあがっているので、
どこまで1部リーグ相手に通用するか、楽しみです。

−Voice 大阪産業大学・倉田 尚(DF・主将)
10人になってしまったが、守る自信はあった。延長になって、相手の方が
11人だった時間が多かったのもあり、精神的な部分よりも身体がついて
いかなくなってしまった。今日の敗戦で切れてしまったら、入れ替え戦では
やられてしまうので、この一週間どう練習していくかが大切だと思う。
気持ちが萎えたら負けてしまう。今日の頑張りを無駄にしないためにも
しっかりやりたい。

−Voice 大阪商業大学・田上 渉(MF・主将)
今日はとにかく「良かった」だけです。前半の初めはボールが収まらず、
リズムが取れなくて苦しかったけど、川口がいい突破で相手GKの退場を
誘ってくれた。後半は攻めていたけど、みんなきれいに決めようと思って
しまうのかシュートにいけていなかった。僕も自分でうっていこうと思って
いたが、ボールも拾えなかった。カウンターで危ない場面はあったが、
うちはDFは強いのでとられないという自信はありました。10人対10人に
なってからは、PK戦のことを考えてプレーしていた。相良のゴールが
決まった瞬間は、高校選手権で優勝したときよりも嬉しかったです。
後輩たちには、1部リーグだからと変に意識せず、思い切り戦って欲しい。
まじめなヤツが多いし、来年のチームは強いと思います。

☆こぼれ話☆
田上選手に話を伺っているときに「セレッソも勝ってJ1残留を決めた」と
話したら、「マジっすか?やった!セレッソも勝ったー!」と大喜び。
田上選手は大久保嘉人選手の国見時代のチームメイトで、二人は大親友。
ともに勝利を飾れたことで田上選手にとっては嬉しい一日となったようです。


posted by yasuyo KANIE at 00:31| 2004年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。