2006年02月24日

1−2部入替戦第2戦 監督・選手コメント

2004年度関西学生サッカーリーグ 1−2部入れ替え戦第2戦の監督・選手コメントです。
−Voice 同志社大学・田村和也(DF)
失点してずるずる行ってしまい、次の1点がなかなか取れない悪いパターンに
はまっていたし、どこかで守りに入った部分があったかな。2−1にされて、
ようやく次に取らなきゃ1部に残れないという危機感が強くなった。
(ゴールの場面は)ボールが来たら狙うつもりだったので、シュートにいった。
決まったのはラッキーだったけれど、気持ちの部分が大きかったと思う。
この試合で4回生は引退になるから、引き分けて終わるのはいやだった。
もう1点取らなくては意味がないし、みんなもそう思って声もよく出て、最後
まで積極的にプレーできた。
4年間で1部も2部も経験して、それぞれで得るものは大きかった。やりがいも
あったし、自分としてはどれもいい経験だったと思います。同志社は得点を
取るのが下手なので、もっと得点できるチームになって欲しい。ここ一番の
集中力を高く持って練習を重ねていけば、強い同志社になれると後輩たちには
期待しています。

−Voice 大阪産業大学・佐藤慶明監督
同志社とは個々の強さに差があるが、そこをしのげばペースはつかめる。
サッカーはいいときが必ず来るので、それを信じてプレーするよう
選手たちには話をしていたが、そのいいときで流れを自分たちに引っ張り
込めるだけの力が足りなかった。渋谷を投入してからペースは握れたけれど、
もう一段ギアが入らなくては届かなかった。それでも個人個人は弱くても、
上手にサッカーをすればここまでやれるということは選手たちもわかったと
思う。サッカーは人生と一緒。悪いときもあればいいときもある。
そのいいときを捕まえられるかどうかは、日ごろの精進しかない。
やるだけのことを自分がしっかりやってきたか、自問自答できる選手に
なって欲しい。

−Voice 近畿大学・田中幸雄監督
最後の詰めが甘かった。自分たちのプレーにこだわりすぎて、ゴール前の
チャンスでボールをまわしてしまい、シュートを打てなかった。油断は
なかったが、4回生にはかわいそうな結果になってしまった。今の悔しさを
忘れんと持っていてくれたら、来年はいい結果につながると思う。
この悔しさを糧に、意地を見せて欲しい。

−Voice 大阪教育大学・入口 豊監督
失うものはないから、思い切りやろうと選手たちには話していた。0−0で
前半を折り返すのはいつものパターンだし、今年は2部でも得点力が高く、
絶対に取れるだろうという信頼感があって、みな冷静にプレーできていた。
近大が攻め疲れる展開に持って行くことで勝機はつかめる。後半の後半が
勝負になると考えていた。大西はヘディングが強いので、セットプレーから
取ってくれるのではと思っていたが、流れの中で得点できたことは非常に
良かった。最後は勝ったら自分がどうかなってしまうのではという気持ち
でした(笑)。1部に上がったことがゴールではなく、大変なのは
これからです。創部87年で初の1部リーグ昇格となりますが、国公立の
代表として堂々と戦いたい。

−Voice 大阪教育大学・菅野友則(GK・主将)
前半は0−0で行けばいいと考えていたので焦りはなかった。近大の攻撃
能力の高さは脅威だったけど、後半になってプレスも落ちてきたので、
いけるかなという気持ちになった。最初から延長を想定してメンバーを
組んでいたが、DFが消耗してきていたし、90分のうちに決めたいと思って
いました。先制したことで守りに入ったら負けてしまうと、最後までみなが
強い気持ちでプレーできたことが、なにより勝因だと思います。
高校でも大学でも、最後勝って終われることはあまりないので、とても
感慨深いです。僕らの代はあまりパッとしないと言われていたし、3部との
入れ替え戦も経験している。そこで足元を見て真摯にサッカーに取り組んで
きたことが、4年間いい形で実を結ぶことができました。
1部で戦うにはフィジカルも技術も足りない部分がまだまだある。試合に
出ている選手は、常に全員を代表している自覚を持って欲しいし、
出てない人も全員で取り組んでいってもらいたい。後輩たちには、
技術以外のメンタリティの部分で人間として大きくなって欲しいです。


posted by yasuyo KANIE at 00:32| 2004年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。