2006年03月02日

第1節第2日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第1節第2日の選手コメントです。
−Voice 大阪学院大学・林田真吾(DF・主将)
失点してから、あわててたわけではないけど、いつもの自分たちのペースに
持ち込めず、だらだらと下がってしまった。大阪学院のスタイルである
前からのプレスや、攻守の切り替えの早さが出せずに後半までいってしまい、
いいところまでボールは持っていけるけど、チャレンジのパスが出せなくて、
決められなかった。ラストボールの質が悪いって言うか、つい安心する
足元へと出していた。シュートも少なかったし、もっとチャレンジして
行かなくてはダメだった。次は落とせないので、気持ちを切り替えて
自分たちのサッカーができるようにしたい。

−Voice 関西学院大学・本井靖浩(DF・主将)
初戦が大事だと思っていたので、いい流れから得点できて勝てたことは大きい。
立ち上がり苦しかったけど、徐々に前に当てて落として逆サイドを使うという
狙い通りのサッカーが出せていた。相手が蹴ってきていたので、前からの
守備ができなかったが、それを跳ね返せていたし、セカンドボールへの意識を
さらに高くしていけばもっといいサッカーができると思う。苦しい時間帯が
続いてしまったのが課題なので、それを次までにきちんと修正したい。
試合経験が少ないメンバーも多いが、練習でもしっかり声を掛け合って
やれているし、みんなでカバーしていけると思います。

−Voice 関西大学・亀ヶ渕幹(MF・主将)
2部から上がってきたチームが相手なので、絶対に勝たないとと意識して
しまい、前半はガチガチになってみんな動きが硬かった。後半の最初15分、
前からどんどんプレスをかけていこうとハーフタイムに話し合い、それで
ふっきれていい流れがつかめるようになった。得点はいいボールが来たので
たまたまです。吉村(勇一郎)とは高校時代も一緒にプレーしていたし、
来るとは思っていました。まだ今年のチームはどういう攻撃をしたらいいか、
みんな試行錯誤している部分がある。僕もボランチになって、サイドのとき
ほどフリーにボールを持てる時間がないけれど、チームのことを考えたら、
自分がこのポジションをやるのが一番いいのではと思っています。

−Voice 大阪商業大学・宮本卓也(DF・主将)
ボールの取りどころをしっかり決めていて、そこできっちり相手の攻撃を
つぶすことができていたので、前半狙い通りのサッカーだったが、後半は
リズムが崩れてしまい、最後まで持たなかった。そのいいリズムのときに
1点取れていたら、展開も変わっていたでしょうね。僕ら4回生以外は1部
リーグを知らなかったけど、これでどんなものかわかったと思う。今日の
試合でやりたいことはできていたし、チームの雰囲気もいいので、修正して
やっていけば必ず結果は出ると思う。
posted by yasuyo KANIE at 02:23| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。