2006年03月02日

第2節第1日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第2節第1日の選手コメントです。
−Voice 大阪学院大学・畑中俊逸(MF)
前半、取られて追いつくという形だったので、このまま後半の出足で上回れば
得点できるんじゃないかと思っていた。左サイドからのクロスには神経を
尖らせていて、狙っていたいいボールが来たので、とりあえず枠に入れようと
うったら上手く決まりました。
1戦めで自分の100%の力を出し切れなかったので、今日は借りを返そうと
気合も入れていた。大学では技術的に通用しない部分もまだあるけど、早く
なじんで足を生かしてどんどん目立てるようにしていきたい。なかなか
呼び込む声が出せていないが、もっと自分をオープンにして頑張って
いきたいです。

−Voice 大阪教育大学・長手良平(FW・主将)
先制したのに、自分らのミスで追いつかれたのがきつかった。失点0で前半を
終わるのが目標だったし、後半5分のやられたらあかん時間に2点も取られて
しまった。もっとチーム全体に後半の立ち上がりをセーフティに行こうという
意識を浸透させないといけない。1部に昇格して、攻められるのは予想して
いたが、ここまで桃山、大院と1部でも上位のチームと対戦して、ある程度
やれたという手ごたえも感じている。球際でのセカンドボールを取るのは、
相手の方が早いので、そこで五分にできるようにしたら、カウンターの攻撃も
もっと早く仕掛けていけると思う。次の大商大とは、2部のときも対戦した
ことがない。お互い落とせないと思ってる大切な試合だし、結果を出したい。

−Voice 桃山学院大学・田中慎太郎(GK・主将)
先取点はラッキーな面があったが、気持ちは楽になれた。だけどチームと
しての約束事、組織でDFすることやプレスをかけていくのがまだ
甘かったので、後半危ない場面を何度も招いてしまった。一人一人が判断して、
声を出してしっかり修正していきたいです。今日はグラウンドが悪かったので、
予測も難しいところはあったが、連携を高めていけば、解決できることだと
思う。前から出場している選手はやることをわかっているが、試合の中で
リーダーシップをとる選手が去年に比べていないので、自分がもっと声を
出して、出場経験の少ない選手が戸惑っている部分を感じて、しっかり
フォローしていくことが大切になる。リーグ戦は内容もだけど、勝ち点3を
確実に取れたことは大きかったです。

−Voice 大阪商業大学・金 東秀(MF)
失点したのはしょうがないが、前半終わりころから形を作れて、対等にいける
ようになっていた。ハーフタイムに負けているが、失点を恐れず、前から
プレスをかけて、早めに奪って早めに展開しよう、ウラからの飛び出しを
意識して、2列目3列目が追い越していこうと話しあったことが、PKに
結びついた。まだ2トップがキープしたとき、サポートに入る選手が
少ないので、もっと素早くフォローして、少ないチャンスを確実に決められる
ようにしていかなくてはと感じた。前に1部リーグでプレーした1回生の
ときは、先輩たちに好きにやらしてもらったけど、今年は引っ張る立場として
みんながやりやすいように声を出してやっていけたらと思っています。
精神的な強さは2部で身についたし、次は勝てるように頑張ります。
posted by yasuyo KANIE at 02:23| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。