2006年03月02日

第2節第2日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第2節第2日の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・西 望実(MF)
もうこれ以上負けられない。追い込まれてしまった。今日は前半、良くやれて
いたのに、後半最後の一番集中しないといけない時間帯に失点してしまった
ことが一番の修正点です。DFに関しては、1節の体大と今日の関学は
似ているので、体大戦の反省を生かして前よりもはっきり対応できて
いたと思う。前節とはメンバーも少し入れ替わったが、新しく入った選手も
コンスタントに活躍できていた。攻撃の方で、綺麗にやろうとしすぎてしまい、
得点できなかったのが痛い。もっと積極的に強引にシュートを打って
いかないとダメだった。

−Voice 関西学院大学・北野雄志(FW)
とにかく走り回って相手をかき回せと指示を受けて、ピッチに入った。DFが
頑張って0に抑えていたので、決めたら勝てると思って、ボールを
追いかけました。10分くらいしかなかったが、必ずワンチャンスあるから
そこで絶対にシュートを打って終わりたかった。あのゴールは気持ちで打って
いた感じです。公式戦初ゴールだったので、すごく嬉しい。流れを持ち込める
ようにする役割だから、走って絡もうというのが結果になったので、最高です。
今年のチームはみんなで一緒にやろうという団結力があって僕らも試合に
入りやすい。FWはいい選手が多くて、競争も激しいが、自分にとっても
この1年は勝負の年だと考えているので、ポジションを取れるように
頑張りたいです。

−Voice 関西大学・安藤 淳(MF)
グラウンドが悪かったのもあって、単調なリズムになってしまい、ウラを
狙ってワンパターンの攻撃を繰り返してしまった。それをわかっていたけど、
ゲームの中で変えられない。僕と(亀ヶ渕)幹さんの2人で変えて
いけなかったのは反省点です。先制されてからは、相手も蹴ってくるのは
わかっていたので、もっとボランチでコントロールするべきだった。今年は
中からでも外を使ってでも、どういう形からでも得点できるチームなのに、
それを生かしきれなかった。先週は勝てたけど、2部から上がってきた
チームにあれだけ苦戦して、あかんなと思っていたヤツも多く、ムードも
のり切れていないが、全員サッカーを目標に一つずつ勝っていけるように
したい。

−Voice 同志社大学・田中淳也(DF・主将)
得点は、たまたまいいセンタリングが来て、ドンピシャで決まりました。
取った後は、向こうの陣地でゲームを進められたし、あの時間帯にもう1点
取れたことはでかかった。前線の選手のやることは決まっているけど、
それが試合の中でうまく出ていない。シュートが少ないし、シュートで
終われていない。今日の時点ではまだ、攻撃は改善する必要がある。もっと
FWで得点できるようにならないと厳しい。阪南にはサイドで1対1で
崩されて失点を重ねたが、今日はしっかりサイドバックが対応できていた。
次に負けてしまったら、今日勝った意味がないので、修正するべきところを
しっかり練習で取り組んでいきます。
posted by yasuyo KANIE at 02:24| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。