2006年03月02日

第3節第1日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第3節第1日の選手コメントです。
−Voice 阪南大学・旗手真也(DF・主将)
グラウンドが悪いので、内容よりも勝ちにこだわってやろうと試合前に話した。
前半は攻めながらも取れなかったが、こういう展開も仕方ないし、後ろで
しっかり耐えていれば、前はチャンスを決めきってくれると思っていたので、
得点できない焦りはなかった。後半は、風向きが有利になったので、いつかは
入るだろうと信じていました。先制してからは、攻め込まれる不利な場面も
あったけれど、セカンドボールへの意識を徹底し、全員が同じ意思統一で
ゲームを続けられた。前の体大戦では勝ちゲームを落として、悔しい気持ちも
あったけれど、まだ負けてはいないし、前向きに行こうと話し合った。今年は
絶対的な柱になる選手がいない分、みんなが人に頼らずやろうとして
いい方向につながってるし、まとまりもあると思う。何としてもタイトルを
取りたいという気持ちが、ここまでの結果になっている。

−Voice 関西学院大学・本井靖浩(DF・主将)
3試合目で節目になるゲームと監督にも言われたが、自分でも最初に比べて
試合ごとにみんなの気持ちが落ちてきているのは感じていた。これで勝って
流れに乗れればよかったけれど、次を落とさないことがこのリーグの
良し悪しを分けると思うので、負けたことをしっかり受け止めたい。阪南は
蹴ってきていても、お互いが意図を理解しているので、セカンドボールを
拾った後のパスが上手かった。自分たちがもっと阪南のような動きを
できてたら相手を崩せていたと思う。失点した場面も、ファウルっぽかった
ので、止まってしまって枚数が足りなくなっていた。そういった基本的な
部分をきっちりやらないと勝てないです。下級生には結構この負けは堪えて
いるようですが、なんとかしようという気持ちも感じるし、ここでしっかり
立て直せるか、一つの勝負どころになると僕は考えています。
posted by yasuyo KANIE at 02:25| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。