2006年03月02日

第3節第2日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第3節第2日の選手コメントです。
−Voice 関西大学・安藤 淳(MF・ゲームキャプテン)
同志社戦では相手に合わせて蹴ってしまって、自分たちのリズムでサッカーが
できなかったので、今日はグラウンドが悪くてもつなごうという意思統一で
試合にのぞんだ。(キャプテンの亀ヶ渕)幹さんがいない分、みんなも自分が
やらなという自覚が出て、全員が近い気持ちでプレーできた。先制されても
下を向かずに行こうと話していたが、すぐに追いつけたことはでかかった。
チームにとって大事な試合と思っていたし、引き分けたくなかったので
ゴールは嬉しかったです。めちゃめちゃいいボールがきたのであわせるだけ
でしたが、ヘディングで決めたのは初めてじゃないかなあ。阪本が最後にも
1点取ってくれて、今日の試合を変えてくれたと言っていいと思う。
失点の場面など改善すべきところはあるが、しっかりつなげられたのは自信に
なった。関大らしさを出せた試合をやれたし、今日の勝利は本当に嬉しいです。

−Voice 大阪体育大学・御厨貴文(DF)
2−1で勝てた試合だったと思う。前の2試合はセットプレーで失点して
崩されることはなかったけど、今日はDFの4人とボランチの間にフリーで
ドリブルされて、そこからラストパスを出されていた。4人がもっと
ポジションをあげないといけなかったし、ボランチも切り替えが必要だった。
フリーの選手に誰が行くか、見えている人がしっかり指示を出して
いかないと。トラップを奪われて失点したりと、ボールを失う場所も悪かった。
最後は集中も切れてしまっていた。今年は森前のポストも効いているし、
ヘディングで落としたボールにみんなが反応できているので、押されていても
得点できるという気持ちはある。まあ、負けるときはこんなもんですね。
しっかり切り替えて、次頑張ります。

−Voice 桃山学院大学・井上久司(MF)
グラウンドが悪いんで、相手も蹴ってきていたのを拾われて、向こうの
ペースになっていた。早く追いつきたいという気持ちになってしまい、
4バックの間に入って、足元に入れていけという指示ができていなかった。
ハーフタイムに監督から指摘されて、後半は修正して攻められたかな。
春なんで、まだ去年のようには上手くはいかない。連携の面でちょっと不安が
ある。毎試合、反省をミーティングであげていて、修正できているところも
あるので、これからだと思います。どんどん強い相手と当たっていくことに
なるので、そこに負けないチーム作りをしていかなくては。もうちょっと
楽に勝てるゲームをしたいです。

−Voice 同志社大学・田中淳也(DF・主将)
後半、風が出てきて、セットプレーが続いた中で、集中が途切れて失点して
しまった。前半はいい形でゲームができたが、他にもチャンスがあったので、
そこで決めきれていないのは課題です。それでも同点にされた後、
切り替えてみんなが気持ちを途切れずにやれたし、チャンスもあった。
今日は勝ちゲームだったと思う。だけど、試合を重ねるごとにチームは
良くなっている。初戦の阪南戦では、自分たちのやりたいことがまったく
できずに完敗したが、だんだん同志社のペースで試合を進められるように
なっている。一人一人が精神的にも強くなってきているので、去年よりも
いい感じできていると思います。
posted by yasuyo KANIE at 02:27| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。