2006年03月02日

第4節第1日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第4節第1日の選手コメントです。
−Voice 関西大学・亀ヶ渕幹(MF・主将)
相手が一人少なくなって、ボールは支配しているけどもつないでいるだけで、
変化をどこでつけるのか、ボールを動かしながら人も動いていかなくては
いけないのに、それがあまりできていなかった。うまくFWを使えておらず、
楔を入れたらいいのにサイドで回してしまってそこでとられたりと有効な
ラストパスが出せなかった。この後、連戦となるので切り替えていくしかない。
次に勝てば、逆に試合が続くからのれると思う。試合に出ている4回生が
少ないけど、今年は年齢に関係なくみんなで盛り上げてくれているし、自然と
全員が責任と自覚を持ってやれている。次は大阪学院ですが、相性とか
気にせず、とにかく関大らしいつなぐサッカーで勝ちます。

−Voice 関西学院大学・山本悟史(DF)
今日はグラウンドが良かったので楽しくやれるかと思っていたのに、予定外に
10人になって状況が変わってしまった。1点取っていたので、入れられ
なかったら勝てると思って必死でした。前に人数をかけないで、相手に
回させているという意識で、縦に入ったときに全員がDFで連動して
いけたので、ピンチも少なくすみました。去年はDFが強くて、失点が少ない
チームだったので、今年の関学はDFが悪いと言われたくなくて、ここまで
頑張ってやれている。左右が下の学年だけど、身体が強いから僕はいい
バランスをとってカバーすることを心がけています。まだ自分らが練習で
やってきたことができているわけではないので、それをどんどん修正して
いけば、もっと強いチームになっていけると思います。

−Voice 桃山学院大学・池田昌弘(FW)
縦にウラに、という攻撃になっているので、ボールをおさめて中盤を作って、
2列目が飛び出せる時間を作れと指示を受けて、ピッチに入った。得点は
ちょうど金光と目が合って、いいボールが来たので走りこんでいきました。
高いボールが来たら、FWの一人はウラへ走れと言われているので、相手の
ミスを逃さずに上手く決められた。その後もチャンスがあったけど、そこで
取れないことが、今の一番の課題です。もっとシュートに行く機会を
増やさなくては。出場したらアピールしようと思っていたし、ゴールは嬉しい。
途中から入って、そこで流れを変えることで、自分の力が出せていると思う。
posted by yasuyo KANIE at 02:28| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。