2006年03月02日

第4節第2日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第4節第2日の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・渡部 亮(MF・主将)
後半になって相手がバテたのもあって、優位に試合を進められた。よく
ボールを動かして人も動いて、トップに入るボールも多かったが、シュートへ
持って行く回数が少なかった。回しているだけじゃなく、そこでもっと
スピードをあげていかないと、チャンスが増えない。先制できたことで、
精神的に楽になった。できればもう1点前半に取って、試合を決めたかった。
攻めながらもとりきれなかったことは課題です。今日はいい感じでボールを
つなげることもできたし、次の阪南戦まではあまり日がないが、いい
イメージのままいけると思う。やっと勝敗が五分になり、これからが勝負です。

−Voice 大阪教育大学・大西康之(MF・ゲームキャプテン)
前半、自分たちが流れを作りかけていたところで、セットプレーから失点して
もったいなかった。ボールを支配されたところはあったが、やられていると
いう感じはありませんでした。チャンスできっちり決められないことで、
向こうのペースになり、前半はそこが差になったと思う。退場があって人数が
減ってしまったけれど、2点差のままよりもゴールを取りに行くことを考えた。
そこで攻撃が上手くいかなくて、結果的には取られてしまった。それでも
商大や大阪学院と対戦したときよりも手ごたえは感じている。連敗して
苦しいけれど、自分たちは挑戦している立場なので、一つ一つ戦っていったら、
結果はついてくると思う。1部リーグで試合ができていることを楽しんで
試合をしたいです。

−Voice 阪南大学・旗手真也(DF・主将)
チャンスも多かったし、そこで確実に決めていれば、もっと楽に勝てた試合
だった。後半立ち上がりに追加点が取れて、2−0でいけるなという気持ちも
あったが、その中でも集中は切らしていなかったと思う。セカンドボールに
対する意識は徹底していて、先手は取れていた。オウンゴールはグラウンドの
せいだし、2失点めも仕方ない。今日の引き分けは運が悪かったとしか
言いようがないです。それでも、まだ負けてはいないので、切り替えて
いくしかない。勝ちが続くように、連戦を乗り切りたい。

−Voice 大阪学院大学・笹垣亮介(FW)
正直、オウンゴールがラッキーでした。あれでリズムがこちらに来た。人数が
少ないなりにも攻められていたので、負ける試合ではなかったと思います。
ハーフタイムにいつかチャンスは来るから、とにかく我慢しろと話があった。
ボールを奪ったらサイドの深い位置へ走って、そこからチャンスを作って
攻めようという狙い通りに得点できた。FWも守備へ戻る時間が多くなり、
走る距離も増えてしんどかったけど、トップ下も頑張ってくれていたし、
やるしかないという気持ちだった。この試合を引き分けられたのは本当に
大きいです。次の関大戦は3人が出場停止になり、苦しいことには変わりない
ですが、なんとか頑張って勝ち点を取りたい。
posted by yasuyo KANIE at 02:29| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。