2006年03月02日

第5節 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第5節の選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・井上 俊(DF)
セットプレーではいつもこぼれ球は狙っているので、うまく詰めることが
できた。先制した後、危ない場面もあったけれど、声を出して相手のパスに
対してプレスをかけていけたので、向こうもつなぐより蹴ってくるように
なっていったと思う。DFはキックの精度もあがってきたし、マークの
受け渡しもリーグの初めに比べたらよくなってきたが、まだ全員の声が
足りない。得点がセットプレーからしか取れていないので、もっと流れの中で
取れるようにFWに頑張って欲しいというのは、正直な気持ちです。ここまで
追加点がなかなか取れなくてキツイので、取ってもう少し楽な展開のゲームを
したいです。

−Voice 関西学院大学・本井靖浩(DF・主将)
失点の場面はセカンドボールに対して、(山本)悟史も行っていたけれど、
相手の方が一歩早かった。原田がいいセーブをしたのに、その後のボールに
対するみんなの動きが遅れてしまった。負けたけれども、前に当てて落とした
ボールをもらうという自分たちのやりたいサッカーを少しできたかなという
手ごたえもある。FWに当たって落とす起点だけでなく、スペースを作って
拾って組み立てていかないと攻撃の幅が出てこない。もっとシュートを
打っていたら、相手のDFも引き出せていたと思う。せっかくボールを取って、
上がろうというところでミスから相手に取られてしまう場面も多く、
しんどくなってしまった。次の試合まで時間もないので、負けを引きずらずに、
次は勝てるよう頑張ります。
posted by yasuyo KANIE at 02:30| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。