2006年03月02日

第6節 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第6節の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・亀ヶ渕鼓(FW)
新保からのああいうパスは練習でもよくあるので、来るかなと思っていた。
トラップも上手くいったんで、思い切って打ったシュートが決まりました。
常にゴールを意識して、シュートを打とうという気持ちが得点につながったと
思う。DFが頑張ってくれているのに、なかなか試合で2点めが取れず、
しんどいゲームが多くて負担をかけていたので、今日はFW3人で必ず
2点以上取ろうと話していた。僕も3節から試合に出ていて、ケガもあった
けれどなかなか自分の調子が上向かず、ここまでいい仕事ができていなかった。
コーチからも「結果を出せ」と言われていたし、今日はなんとしても1点
取ってやるぞという気持ちだったので、これでやっと気分が楽になりました。
チームにも貢献できたし、自分自身にとっても本当に嬉しい得点でした。

−Voice 大阪商業大学・宮本卓也(DF・主将)
ハーフタイムに、前半は良く守備ができていたから、後半はFWで相手の
ウラを取ってセカンドボールを拾おうと話していたが、早々に失点して
しまった。時間はあったので焦りはなかったが、2点めを取られたことが
痛かった。チャンスは作れているのだけれど、そこで決められるかどうかが、
リーグの順位になっていると思う。守備を崩されてはいないけど、ミスで
決まってしまうことも多い。今年のチームはまとまりがあるが、まだ
そういう部分で甘い面があると思う。混戦なので上にいけるチャンスは
十分あるし、次の試合を落とさないようにしたい。
posted by yasuyo KANIE at 02:33| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。