2006年03月02日

第7節第1日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第7節第1日の選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・夏田英司(FW・ゲームキャプテン)
シュート数では相手を上回っているのに、ポストに当てたり、GKの正面に
打ってしまったりと、決めるところで決められていない。得点した後、
ダメ押しとなる点を取る気持ちが足りないので、苦しい展開になってしまう。
リスタートから失点することが多く、集中していてもそれぞれが自分の
マークに対しての責任感に欠けているところがあると思う。全員がしっかり
やってはいるのだがちょっとしたところで、守備のずれが出ているんかなあ。
DFからしっかり攻撃につなげたい。せっかく同志社に勝ったのに、今日
勝てなければ意味がないです。どんな内容でも勝てるようにならなくては。
得点王のことは意識してません。でも自分が点を取った試合は負けて
いないので、チームのためにもっとゴールを決めたい。

−Voice 大阪教育大学・辻本健太郎(DF)
リーグを通して、立ち上がりや得点した直後に失点することが多く、そこを
注意しようと話しているのに、なかなか上手くいかない。セットプレーの
跳ね返りに詰められてしまうので、こぼれ球に対して厳しくいけて
いないことは反省点です。先制しても取られてしまい、ずっと悔しい状況で
試合をしてきて、勝ちもなかった。阪南戦でやっと勝ち点が取れたが、
勝つためにはもっと勝ちきる気持ちが必要だと思う。1部のレベルに戸惑いも
あったが、桃山戦で負けたけど思う展開もできたことで、逆にずるずると
きていたところもあった。追い込まれて勝つしかない状況になり、粘って
チャンスを生かす大教大らしいサッカーができるようになった。とにかく
残り2つ勝つしかないが、諦めずに戦いたい。
posted by yasuyo KANIE at 02:33| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。