2006年03月02日

第8節第1日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第8節第1日の選手コメントです。
−Voice 立命館大学・西 望実(MF)
チャンスもあった分、前がかりになって逆にチャンスを作られてしまった。
前半は蹴ることを考えすぎて、前でやろうと思って使ったロングボールが
跳ね返されて、ピンチを招いていた。後半、足元を使おうとしていったことで、
ようやく決定機を作れるようになった。向こうも勝てた試合と思ってる
だろうし、攻撃はお互いいいところが出せたが、守備ではお互いにミスが
あった。商大は諦めない姿勢がいいところだと僕は思う。その気持ちで最後、
同点ゴールを決められてしまった。この引き分けは本当に痛いけれど、リーグ
当初に比べるとチームも良くなってきた。関西選手権につなげられるよう、
最後の同志社戦はしっかりやりたい。

−Voice 大阪商業大学・金 東秀(MF)
前半は、少ないタッチでつないでいい形を作って、DFもプレスをかけながら
やれたけど、体力が切れ出した35分くらいから、足が止まって1対1で負けて
いた。ミスで失点すると気持ちが落ちてしまい、1点取られると立て続けに
失点してしまうことが多い。取られた後に、落ち着いて立て直すことを考えて
いかないとダメだと思う。今日は勝たなダメな試合だったので、リスクを
冒してももっと前に人数をかけて攻撃にいければよかった。立命が早めに
FWに入れて2列めが追い越していくスピードについていけていない。
そういう1部のスピードの部分をもっと練習していけば、十分自分たちは
やれると思う。最後の試合は勝って他のチームの結果を待ちたい。

−Voice 関西大学・古橋勇希(MF・ゲームキャプテン)
今日は内容はともかくとして、結果が出たので良かった。早い時間にPKを
取られて、入っていたらどうなっていたかわからなかった。止めてくれて
助けられたし、気持ちが楽になりました。こないだの逆転勝ちは、チームが
一つになって喜ぶことができた。阪南戦では勝つことの嬉しさ、勝つための
貪欲さを改めて感じた。押しているのに決めきれないのは、自分たちもよく
わかっている。流れからのゴールが少ないことが課題で、もっと崩したり、
つないだりしていけるようどんどん修正していきたい。自分自身、ケガや
就活で出遅れていたけれど、気持ちをゲームの中で伝えようと思って、試合に
臨んでいる。それをこの2試合、みんなが感じ取ってくれた。

−Voice 大阪教育大学・大西康之(MF・ゲームキャプテン)
押されて入るけど最後はやらしていないという自信もあったし、狙い通りに
前半を0−0で折り返せた。チャンスもあったので大教大らしいサッカーは
できたかなと思う。ここ3試合は持ち味は出せているけど、勝ち点3は
取れなかった。リーグの初めは失点してずるずるいくこともあったが、
修正できていい面も出せていた。1部のチームはシビアに同点や逆転してくる
勝負強さがあり、最後まで安心できないということは本当に勉強になりました。
最終節は、優勝争いをしている関学が相手だけど、みんな上位相手に
やってやろうという気持ちです。勝ち点3を取ってリーグを終われれば、
次につながるので、絶対に勝ちたい。1部リーグで学んだことを忘れないで、
この先も試合に臨めば必ずまた昇格できると思います。
posted by yasuyo KANIE at 02:35| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。