2006年03月02日

第8節第2日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第8節第2日の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・本井靖浩(DF・主将)
今日はしっかり勝っておきたかった。声もあまり出ていなくて、その声で
カバーできるところで行かれていたところもあった。立ち上がり身体が
重かったが、疲れていたのは言い訳にならない。もっと奮起してやれていたら
よかった。前半は雰囲気も悪かったので、声を出して点を取りに行こうと
ハーフタイムに話し合った。交代も早く、その代わった選手が頑張って得点を
取ってくれたのが大きかったです。絶対に勝ちに行くという姿勢が出たことで
追いつけたと思う。リスクをしょわないと勝てないから、攻撃に出て逆に
攻め込まれたところもあったけれど、DFでしっかり対応はできていた。
最終節は次につながるいい形で終われるように、この1週間でしっかり
準備して臨むつもりです。

−Voice 大阪体育大学・森前 健(FW)
ゴールは狙ったっていうか、前が空いていたのが見えて、ストレートやったら
入りにくいから、巻いたらいいコースに決まった。もうこれ以上
負けられないので、いまさら戦術よりもアプローチや気持ちの面で相手に
勝とうと監督からも話があり、それが試合にも表れていた。今日だけでなく
決定的なところで追加点を取りきれず、追いつかれることがこのリーグは
多い。それがこの春、上位にいけていない原因です。決めるとこを決めて、
粘れていたらどこにも体大は負けないチームだと思う。自分としても
全然得点できていないから、もっとチームに貢献できるよう点をとりたい。
次はほんま、勝つしかない。
posted by yasuyo KANIE at 02:35| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。