2006年03月02日

第9節第1日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第9節第1日の選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・本井靖浩(MF・主将)
セカンドボールに対する意識が、前半は気持ちで相手に負けていた。ボールを
待ってしまうところがDFラインにもあり、待った分クリアも小さくなって
それを拾われて押し込まれて苦しくなった。前でキープしてもサポートが悪く、
同じサイドからの攻撃ばかりになってしまった。グラウンドが悪いから、
横バスが怖かったというのもある。そこでしっかり自分たちのボールにして
高い位置で取りにいけていたら、チャンスも増えたかな。サイドへは行くけど、
センタリングを上げても中の枚数が足らずにチャンスを作れなかったので、
もっとゴールへの意識を高めたい。自分たちのプレーをしたらシュート
チャンスも増えていくし、やれると思うので徹底したい。今年は学年関係なく、
言いたいことを言いあえる関係なので、関西選手権に向けて雰囲気も上げて
いきたい。

−Voice 大阪教育大学・辻本健太郎(DF・ゲームキャプテン)
中盤がボールに絡んでセカンドを拾う意識が高かったので、前半は
DFとしても楽だった。高い位置で取れていたので、攻撃にもつながった。
後半になって運動量が減って、セカンドを取られていたが、そこは気持ちで
抑えられたと思う。このリーグで1回は0に抑えたかったので、最後は
気力で守り通した。本当は勝ちたかったけど、それは次の課題、今度
昇格したときの目標にします。勝ちきることはできなかったけど、引き分けが
3回で、守りに関しては強い意識でやれた。実際、1部リーグで試合して、
勝てなかったけど戦えないことはないが、勝ちきれなかったというのが
現実でした。個々の能力もチームとしてやるべきこともアップしたと
感じるので、2部ではこの経験を生かして、秋リーグまでに足りないとこを
修正し、いいところはもっと伸ばして、どんな相手でも大教のサッカーをして
全勝で1部に上がるつもりです。

−Voice 大阪学院大学・橋垣戸光一(MF)
立命館の結果を知っていたから、気合は入っていたけれど、勝ちきれません
でした。体大の調子は上がっているので、DFは辛抱強くやろうという点は
良かったと思う。負けなかったことは大きいけど、引き分けという結果は、
一番最低のラインです。この春は誰が出ても変わらないくらいいろんな選手が
出てくるようになって、レギュラー争いも白熱してチーム力としては
上がったと感じる。大阪学院史上最高順位の去年の秋と同等の結果を出せたし、
関西選手権に出るという目標に向かって、全員が一つになって戦えた。春は
最初の15分で失点することが多かったが、トーナメントでは先手を取られない
ようにしたい。僕が1回生の時以来の選手権出場になる。4年間で全国大会に
一度は出たいと思っていたし、どのチームも力は均衡しているから、
チャンスはある。勝ち上がって総理大臣杯に出たい。

−Voice 大阪体育大学・夏田英司(FW)
グラウンドは相手にとっても同じ状況なので言い訳になりません。今日は
勝たないかん気持ちを出せていなかった。戦うベースがなかったので、
サッカー以前の問題です。僕らが4回生がホント情けない。下級生に
引っ張られているようではダメなんです。それでも失点0はこのリーグで
初めてなので、そこは唯一良かったことだと思う。この春は自分もチームも
倒れるまでプレーしたというゲームがなく、最低なリーグだった。練習中の
甘さが試合の中で甘えになって出ている。運良く関西選手権に出られることに
なったので、内容よりも結果を出したい。技術よりも気持ち、気迫を出して
トーナメントを勝っていきたい。
posted by yasuyo KANIE at 02:36| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。