2006年03月02日

第9節第2日 選手コメント

第15回関西学生サッカー春季リーグ 第9節第2日の選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・木村允彦(DF)
最終戦、勝って終わりたかった。優勝したことは素直に嬉しいけど、今日の
試合に負けたのでしまりきらない。優勝が決まっていたということで、
気持ちの面で少し足りない部分があったと思うけど、メンタル面で負けたと
思われるのが嫌です。DFで後手に回らされてファーストアプローチが遅れ、
前がかりにこられて支配されてしまった。関大は勢いもあったが、自分たちの
ミスも目立った。パスを出しても一人が孤立してしまい、サポートが遅くて
カウンターができなかった。ボールをとった後の最初のパスがつながらず、
自分たちのペースにならなかった。江添さんが抜けてDFが弱くなったと
言われたくなかったので、リーグを通して失点を少なくできたことは
良かったと思う。関西選手権までにもっと修正して、DFから攻撃につなげる
パスを出せるようにしていきたい。

−Voice 関西大学・安藤 淳(MF)
4敗したのに3位っていうのはラッキーですよね。相手は優勝が決まって
いるけど、僕らには関係ないし、選手権につながるようにいい試合をしようと
モチベーションは高かった。今日は松田がDFをコントロールしてくれて、
崩れることなく集中して守れていた。中盤のバランスが悪くなって、前半の
中ごろに相手にサイドを変えられていたが、最後のところでは踏ん張れていた。
2点めのアシストは、練習でも(阪本)晃司に「DFから離れる動きを
してくれ」と話していて、それを試合の中で上手くやってくれたので、
こちらはパスを出すだけだった。あの時間帯に取れたことは良かった。
リーグの最初はひどかったけど、みんなが危機感を感じてやろうという気持ちに
なり、いい風につながっていった。阪南戦に勝てたことで自信になったし、
逆転だったのに勢いにも乗れた。トーナメントはムラをなくして、
優勝目指します。
posted by yasuyo KANIE at 02:37| 第15回関西学生サッカー春季リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。